横浜市対応の弊社加盟店のご紹介

アースホーム合同会社
現在では個人の住宅などにも様々な建材が使用され、解体工事を行うにはそれらに合わせた適切な作業方法の選択と、周辺の環境にも気を配ったきめ細かな作業が必要になります。こちらのアースホーム合同会社はそんな解体工事に豊富な実績と高い技術を持ち、無駄のない適切な施工を実施してくれます。現場確認や近隣への挨拶といった丁寧な事前作業に始まり、建物と環境に合わせた重機の使用など、施工方法を入念に検討した上で、可能な限り経済的な見積りとともに依頼者分かりやすくに提案してくれます。高所作業や近隣の建物に近い部分の解体作業も多様な工法を用いて対応することができ、解体後の分別や整備もしっかりと行う細部まで徹底したサービスで、施工後に依頼者が満足できる仕上がりを今日も追求しています。年中無休で営業しているので、作業日程などが相談しやすいのも大きな魅力です。
マルユウ商会
取り壊した建材の分別処理や、その後の土地の整備など、解体工事はその前後の様々な状環境を考えて行わなければいけません。ですから、解体工事を依頼する業者には適切な作業と共にそうした周囲の環境に細やかな配慮を行える柔軟な対応も求められます。こちらのマルユウ商会はそんな希望に応える親切丁寧なサービスを実施している業者です。解体前の現場調査や近隣への挨拶を入念に行い、付近に与える騒音などの影響も十分に考慮した、適切な解体方法を経験豊かなスタッフが提案してくれます。状況に応じて重機の使用から手作業での解体まで幅広く対応し、依頼者が施工後の撤去作業まで安心して任せられる解体工事を徹底しています。年中無休で営業しているので現場調査や作業日程の相談などもしやすく、サービス、料金共に満足できる工事内容をじっくりと検討することができる柔軟な対応を行っています。
リサイクル佐藤
リサイクル佐藤は、横浜市で解体工事に力を入れて取り組んでいる会社です。解体工事とは、建物を取り壊す作業のことをいいます。解体工事は人生の家でそう何度も依頼するようなものではありませんが、とても重要な作業であるといえます。解体工事は土地を更地にして地主さんに返したり、建物を新しく建て替えるときに活躍します。解体工事をスムーズに進めるために、解体工事の現場ではパワーショベルがよく使われています。解体工事でも建物を再利用するために内装だけを解体する場合もあるので、そのときはドリルやハンマーなどの手持ちの工具を用いて作業が行われています。解体工事を行うことを考えたときは、解体工事に対応できる会社に相談するようにしましょう。リサイクル佐藤は、丁寧に解体工事を行うことができるように、日々精進しています。
について

横浜市の空家数は?解体工事の重要性について

横浜市の空き家数は160,380件となっています。この数字は全国平均から見ても少なく、横浜市は空き家が少ない地域である事が分かります。その理由として、横浜市では共同住宅の割合が高いことが挙げられます。共同住宅は狭小の土地でも多数の住宅を建設できますので、横浜市のような人口過密年では、大人数が一つの土地に収まるというのは都合が良いため、マンションやアパート等が多く建設されるのです。共同住宅が普及したおかげで、一戸建ては少なくなっていますが、その代わりに空き家を減らすという効果も出てきています。ただし、空き家が全く無いわけではなく、これから増えてくるとも言われています。空き家が増える原因は大きく2つあります。一つは日本が少子高齢化社会であるという事です。高齢の方が増えるという事はそれだけ人口が減っていくという事です。つまり人口に対して建物の割合が増えてしまうという事ですので、誰も住んでいない住宅が増えてしまい、これが空き家になるという事です。二つ目の原因は、空き家は固定資産税がかからないという事です。人が住まなくなった家というのは、取り壊すかそのまま放置するかの選択を迫られます。取り壊す場合、多額な取り壊し費用が掛かってしまいます。また、日本の固定資産税には「住宅用地の特例措置」というものがあり、建物が建っていると、税金が1/6になるという決まりがあるのです。つまり空き家として放置している方がお金がかからないという事になり、これが原因で自然と空き家が増えていくわけです。しかし、空き家は家主がいないため荒れ放題になり、不法侵入や強盗、空き巣や放火といった犯罪を誘発します。また大規模な自然災害が発生した場合は深刻な被害をもたらし、地震では建物が倒壊し周辺道路をふさぐ可能性があります。台風では建物が吹き飛び、近隣住宅を破壊する可能性がありますし、火事では周辺に飛び火し延焼を引き起こします。この様な被害を未然に防ぐためには解体工事以外手段は無いです。解体工事を自治体が推奨するエリアもあります。解体工事にかかる一部費用を助成金で負担する事で、施工主の負担を少しでも減らす事ができます。空き家は防犯対策にもなります。空き家が増えていくと不在の住宅が増えるため、地域の防犯が一気に低下します。不在とはいえ持ち主が存在するので、勝手に敷地内に入る事ができないからです。けれども解体工事でまっさらな土地にしてしまえば防犯対策をしやすくなります。対策が進めば地域のイメージも改善するため、解体工事は街をあげた取り組みが必要です。そのため地域の活性化やコミュニティを考えて、未来に何を残すか考慮して行うと良いです。

横浜市エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2016/4/20
    エリア
    神奈川県横浜市中区
    参考金額
    1,833,334円

    解体工事の見積りを希望されるお客様よりお電話をいただきました。戸建住宅のお客様で、解体を希望される建物の1階はRC、2~3階は木造とのこと。着工日については具体的なお日にちのご希望をいただき、解体時期と見積り希望日については相談してお決めいただけるとのことでした。

  • 受付日
    2016/1/30
    エリア
    神奈川県横浜市旭区
    参考金額
    185,186円

    鉄骨造の駐車場についての解体工事のご依頼がありました。敷地内に鉄骨造の駐車場があるとのことで、この解体工事についてまずは見積りを出してほしいという内容でした。駐車場の面積は15平方メートルで、高さは、3メートルはあるとのこと。見積りについては相談をして決めたいということでしたが、希望の解体時期があるとおっしゃいました。

  • 受付日
    2015/11/16
    エリア
    神奈川県横浜市緑区
    参考金額
    1,851,852円

    解体工事に関してのお問い合わせをいただきました。こちらのお客様は、木造2階建ての戸建住宅の解体工事を希望されていました。中に入れないが、大丈夫なのか心配されていました。また、工事にかかる期間によって、解体時期を検討したいとおっしゃっていました。見積りの日程については相談して決めたいとのことでした。

  • 受付日
    2015/5/18
    エリア
    神奈川県横浜市神奈川区
    参考金額
    420,000円

    プレハブの解体処分を希望されるお客様からのご依頼です。解体費用をなるべく抑えたいということで、見積りを希望されました。見積りの日程は相談して決めたいというお話でした。着工日と解体時期のスケジュールも立てているとのこと。また、今後も解体工事をする予定の物件があるため、依頼するかもしれないとおっしゃっていました。

  • 受付日
    2015/4/13
    エリア
    神奈川県横浜市泉区
    参考金額
    118,000円

    住宅のお庭に建っている木造のプレハブ小屋を解体してほしいというご相談がありました。プレハブ小屋の面積は6畳分の広さになり、屋根はトタン、壁はサイディングボードでできていると教えてくださいました。水道はなく、解体までに電気配線は撤去する予定とのこと。まずは電話で相談をしたいが、その際、概算見積りもお願いしたいとのご要望をお持ちでした。

その他の施工事例紹介はこちら

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-701-051

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-701-051

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0120-701-051
  • 解体工事110番とは
  • 無料メール相談窓口へ