山形県対応の弊社加盟店のご紹介

サシムラ株式会社
アスベストに関する報道は今では全くありませんが、だからといって安全が保障されているということではありません。「家を解体したい。しかし、アスベストが使われていないだろうか?」そんな疑問に答えを出してくれるのが、サシムラ株式会社です。全国的にも珍しいアスベスト診断士が常駐し、建物全体のアスベスト診断を行ってくれます。書面調査、現場調査、分析調査の三段階でアスベストの有無をはっきりさせます。アスベストは、ただそこにあるだけでは無害です。しかし分解工事などで飛散し、それを吸入することで様々な病気を引き起こすきっかけになるのです。つまりアスベストは調査するだけでなく、いかに飛散を防ぎながら解体を進めるかがポイントになってきます。もちろんサシムラ株式会社には、そのための技術があります。アスベスト被害をこれ以上広げないためにも、彼らは安心の施工のために日々精進しているのです。
株式会社三浦土建
解体工事は、ただ建築物を解体してしまえば終わりではありません。当然、その建築物を構成していた建築材が残ります。業者によっては、不要になった建築材をその場に埋めてしまったり、目につかない所へ不法投棄してしまうこともあります。その点では、この株式会社三浦土建は最後まで安心安全な施工を約束してくれます。彼らの強みの一つが、県の許可を受けた焼却施設を所有していることです。そのため解体した際の木くずを自社で処分することができるので、安価での解体作業が可能になるのです。もう一つは、「アスファルトコンクリートリサイクル事業」です。こちらはアスファルトやコンクリート殻を引き取り、リサイクルして新たな素材にして販売しているのです。お客様のことだけでなく、環境へも見事な配慮を見せる株式会社三浦土建は、その仕事を終えるまであなたの期待を裏切らないでしょう。
有限会社峯田建物解体
どれほど気を付けても、粉塵や騒音、振動などトラブルの要素を生み出してしまうのが解体工事です。それだけに、無用なトラブルを避けるために、施主も業者に任せきりになるのではなく、自分でもできる対策を講じておくと良いでしょう。とはいえ、初めての解体工事では、具体的にどうすればいいのかわからないものです。有限会社峯田建物解体は工事そのものはもちろん、周囲との軋轢を避けるための配慮にも通じています。まず何より大事なのが、近隣の人々の理解を得ることです。方法は様々ですが、施主自身があいさつ回りに赴くのがベストです。もしも隣家に足場などを設置する場合は、挨拶だけでなく借地料を支払っておくべきでしょう。いざ工事が始まると、施主にできることはほとんどありません。その分事前準備は密に行い、工事の施工と後片付けは信頼できる業者にお任せするべきです。有限会社峯田建物解体なら、施主にも近隣住民にも優しい施工で力になってくれることでしょう。
について

山形県の空家率は?解体工事の重要性について

高齢化と人口減少社会を背景として、全国で空き家の問題が大きく取り上げられています。平成25年に総務省が集計した住宅・土地統計調査によると、全国の空き家数は820万戸に達しているのです。全国の住宅総数に占める空き家の割合は13.5%を占め、前回の調査から60万戸の増加で過去最高を更新しました。その中にあって山形県は、県全体の住宅に占める空き家率が全国平均を下回る10.67%にとどまりました。この数字は全国の都道府県でも3番目に低い数字です。前回の調査と比べてもわずかながら減少しており、山形県は他の都道府県と比べて空き家率が低い県と言えます。県内の各自治体は空き家バンク事業にも積極的に取り組んでおり、賃貸物件として有効活用されて点も空き家率が低い理由の1つです。とは言え県内に存在する住宅のうち、10軒に1軒が空き家だという事実には変わりありません。地域に空き家が増加することで、さまざまな面から悪影響が及びます。住む人が少なくなった町は活気に乏しくなり、さらなる人口減少も懸念されます。空き家の問題はそれだけにとどまりません。長期間人が住まずに放置された建築物は急速に劣化していきます。山形県は内陸部を中心に豪雪地帯として知られており、冬は1m以上の雪が積もる地域も少なくありません。豪雪地域の木造家屋では一冬に数回も屋根の雪下ろしをするのが普通なのです。放置された空き家の屋根に1m以上の雪が積もると、倒壊の危険性も高まります。雪ばかりでなく、風雨にさらされた建物は屋根や外壁が剥がれやすくなり、道路に面している場合は通行人にも危険が及びます。ごみや不用物の不法投棄、不法侵入など治安上の問題も考えられる他、庭が荒れて雑草が繁殖し、害虫が発生したり害獣が住み着いたりする場合もあります。そのような空き家は早急に解体工事を実施しなければなりません。空き家が放置される理由の1つとして、高額な解体費用に加えて固定資産税の優遇措置も指摘されています。しかしながら1年間居住実績がなく、倒壊等の危険が大と判断されれば、特定空き家に指定されて税制面の優遇もなくなります。解体工事の際には建設業の許可または解体工事業の届出をした施工業者に依頼する必要があります。「解体工事110番」のサイトでは、料金体系などの情報を事前に知ることができます

解体工事110番の山形県地域における対応エリアについて

  • 山形市
  • 米沢市
  • 鶴岡市
  • 酒田市
  • 新庄市
  • 寒河江市
  • 上山市
  • 村山市
  • 長井市
  • 天童市
  • 東根市
  • 尾花沢市
  • 南陽市

山形県エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2015/10/4
    エリア
    山形県東村山郡中山町
    参考金額
    920,000円

    木造モルタル2階建ての作業小屋を解体してほしいというご依頼がありました。お話しによりますと、突風の影響でトタン屋根が一部破損しており、さらに倉庫の中に残っている材料や不要物の処分もお願いしたいとのことでした。解体にかかる料金の見積りを無料で出してほしいと希望しており、解体時期についてはお見積りを出した後に相談をしたいとおっしゃいました。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-701-051

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-701-051

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0120-701-051
  • 解体工事110番とは
  • 無料メール相談窓口へ