業者が事故防止の為にやっていること

解体工事には、重機や電動工具など数多くの機材が用いられています。工事は環境や状況によってその手段や種類を変えて順序よく進めていくことになりますが、作業中には様々な危険が潜んでいます。

解体工事にはどのような注意点があり、業者はどのような対策を講じているのでしょうか。

解体工事中に起きる事故

解体工事は、建物を壊し更地にするという作業のため、大雑把な作業と考えている人もいるかもしれません。 しかし、実際には非常に繊細な作業であり、徹底した安全管理の下で作業をしなくてはなりません。
もし、安全面への配慮が不十分であった場合、どのような事故やトラブルに見舞われるのか。具体的な事故事例とともにご紹介いたします。

重機による事故

重機による事故
  • 重機の転倒や衝突
  • 作業員の怪我

重機は重く巨大なものや障害物を壊したり運んだりするための機材なので、重量もパワーも桁違いです。操作ミスなどによる転倒や作業スペース不足に気を付けなければ、周囲の建物や人間を傷つけてしまうことがあります。

倒壊

倒壊
  • 解体対象の倒壊による怪我や近隣への被害

作業手順の誤りや仮押えの不備などがあると、建物や足場倒壊してしまうことがあります。作業員ばかりでなく近隣住民を巻き込んでしまうこともあり、最悪の場合死亡事故にも繋がります。全壊建物の倒壊は特に注意が必要です。

埋没物の破損

埋没物の破損
  • ガス管などの埋没物の破損

地中には、水道管やガス管といった重要設備が埋設されています。適切な対応をしていない場合、爆発の危険性や現場一体が断水してしまうことがあります。場合によっては法律により罰金を科せられる恐れがあります。

落下事故

落下事故
  • 人の転落事故
  • 機材の転落による周囲への被害

工事現場では高所作業が行われる事もあります。手すりの設置や安全帯の装備といった安全対策をしっかりと行わないと作業員の転落や資材の落下などの事故が起きることもあります。

他にも、近隣一帯が揺れることによる店舗の営業妨害、埋蔵文化財や不発弾の発見など、予測することが難しいトラブルもあり得ますので、あらゆる観点から安全対策を行わなければなりません。

その他にも「解体工事に関連した健康被害などの二次被害」でも解体工事に伴う影響に触れています。

作業前の準備

解体工事には様々な危険があるため、それに合わせて法令による規制や労災保険の準備が行われています。 また、解体工事トラブルによる賠償問題をカバーすべく、賠償保険に加入している業者も多く存在します。 ここでは解体にまつわる規制や保証対策を具体的にご説明します。

作業前の準備

解体工事はリスクアセスメントの観点から様々なルールがあります。土壌汚染対策法による汚染の調査や建設リサイクル法における規定などがあり、適切な対応をしなければなりません。水まきや養生足場は義務ではなく規定ですが、近隣への配慮のためには必須と言えます。

また、解体工事の関係機関として労働基準監督署も挙げられます。作業内容によっては届出を行う必要がある他、労働者の安全と衛生についての基準を定めた労働安全衛生法という法律があり、労働者の環境も守らための対策も行われています。

作業前の準備

【労災保険】

労働者やその家族を労働災害から迅速かつ公正に保護するための保険です。労災保険料率は事業の種類によって各々設定されています。

【賠償責任保険】

トラブルなどにより、車や建物といったものを破損させてしまった場合、多くは賠償責任を求められることになります。そのため解体工事業者は賠償保険に加入して万が一に備えていることが多いです。

現場での安全管理

ここまで解体工事の危険性やその補償などの事前対策について紹介してきました。
次は、業者が実際に行っている作業現場での安全対策についてご説明していきましょう。

現場での安全管理

【作業員の安全対策】

作業員の安全を守るために、工事作業中には下記のような安全対策がなされています。

  • 作業主任者や主任技術者による監督
  • 責任者や作業員の安全講習による意識・技術向上
  • ヘルメットの着用による頭部保護
  • 足場工事の工法の厳守 など

安全な作業現場は、作業員の安心に繋がりますので、より高品質で効率の良い作業が行われる効果も期待できます。
しかし、安全対策をとっている解体工事といえど、雨など天候の影響を考えねばなりません。時には地震などの突発的な災害に見舞われることも考えられます。 そうした「もしも…」の事態への柔軟な対応も重要であり、工事終了まで念には念を入れて安全対策に務める必要があります。

【作業員の安全対策】

【近隣周辺への安全対策】

近隣周辺に対する事故やトラブルを防ぐために、下記のような安全対策がなされています。

  • ブルーシートによる飛散・防護対策
  • ガードマンによる工事車両や通行人の誘導
  • 工事看板の設置による工事周知

建物を中心に工事を行うとはいえ、周囲に対する周知と配慮は事故を防ぐためにとても重要です。その際の安全対策として、看板の設置やガードマンの配置といった方法が用いられます。

ご紹介した通り、解体工事には甚大な事故や、騒音・振動などの、近隣へのご迷惑となってしまうケースが存在します。 解体を依頼するときには、値段や早さだけではなく、事故やトラブルの対策をしっかりと行い、安心して任せることができる業者に依頼するようにしましょう。

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-701-051

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-701-051

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0120-701-051
  • 解体工事110番とは
  • 無料メール相談窓口へ