鳥取県対応の弊社加盟店のご紹介

マエタ開發有限会社
マエタ開發有限会社は鳥取県において建物の解体工事を行い、日々安全に作業を続けている会社になります。この工事には安全が第一です。住宅などの他の建物が並び立つ中で1つの建物だけを取り壊すのは、周りの建物に明らかな迷惑がかかるからです。解体の際に出る粉塵や騒音、振動は常に苦情の原因となります。そうならないための作業方法や機械は常に開発されているのですが、どれも0になるのではなく限りなく抑えることができるだけなので、全くの無害になることは現段階では難しいです。そのために解体工事の際には作業員の態度が重要になります。礼儀正しく、配慮のある態度が必要で、マエタ開發有限会社では作業員の態度には常に気を付けています。作業をスムーズに行うためにも、皆さまの住宅を近所迷惑にさせないためにも、この会社では丁寧な対応を常に気をつけているのです。
株式会社グリンコープ建築事業部
株式会社グリンコープ建築事業部は鳥取県で住宅の建設を行っており、皆さまの好みに合った住宅を引き渡しまで丁寧に対応することを行ってきました。住宅への追求は深く、技術と信頼によって最高の住宅を提供し続けています。このように家を作るだけではなく、家の解体についても皆さまのために丁寧さを追求しています。解体工事にも様々な種類があり、手だけで行うものもあります。こちらはあまり一般的ではなく、手作業と重機による解体が最も一般的な作業方法です。どの作業を選ぶかは現場を見て、しっかり見極めます。家の構造や立地によっても条件が様々ですので、重機が入れない道路などがあった場合にはその代替案が必要となってくるので、この下調べは作業と同じくらい大切になるのです。株式会社グリンコープ建築事業部は調査をした上で解体を行うので、作業において危険はなく、安全な解体工事を行ってくれるでしょう。
三光リニューアル事業部
三光リニューアル事業部は鳥取県において解体業者として様々な現場を経験し、数多くの建物を解体してきた実績のある業者になります。リフォームなどの住宅の工事も多く手がけており、住宅に関しては壊すことも作ることも詳しいです。解体工事の目的は多々あります。まず全体を壊すのか、一部を壊すのか。一部だけを壊す場合はリフォームをするためになります。この業者はこちらの経験が豊富です。全体を壊す場合は建物を建て替えるため、老朽化した建物が倒壊しないように事前に壊しておく、管理できなくなった家屋を壊して更地にするなどの目的があります。三光リニューアル事業部はこちらの工事も多く行ってきたので、どういった目的の時でも確実な対応が期待できます。どの工事であっても安全第一を忘れずに、皆さまだけでなく皆さまの近所の方々にも迷惑をかけないように作業することをこの業者は心がけています。
について

鳥取県の空家率は?解体工事の重要性について

最近マスメディアなどで空家率の高さや家屋の老朽化による災害について取り沙汰されています。台風による強風で屋根や瓦が飛んだり、豪雨や豪雪で建物が崩壊する、放火やゴミの不法投棄など問題を上げればきりがありません。地震発生時には空家が倒壊し、隣近所の家屋や道路に廃材等が散乱し迷惑をかけることも予想されます。家屋の一部が当たり怪我人が出た場合、訴えられたら居住していなくても土地所有者が責任をとらなければなりません。そのような事態に陥る前に、解体工事をしておいた方が良いことは明らかです。鳥取県は昭和23年から5年ごとに住宅・土地統計調査を行っており、平成25年の鳥取県の総住宅数は250,100戸、総世帯数は214,200戸となっています。平成20年度と比べると総住宅数・総世帯数共に上昇しました。鳥取県内の空家数は昭和33年の1,500戸から平成20年の38,000戸まで一貫して増加を続けていましたが、平成25年に35,900戸と初めて減少しました。また、空き家率(総住宅数に占める空家の割合)も平成20年の15,4%から平成25年は14,4%と1.0%ほど低下しています。空家率減少の要因を調べてみると、鳥取市などで空き家等除去事業補助金制度が設けられていることが挙げられます。補助対象の空き家は「鳥取市空き家等の適正管理に関する条例」の要件に該当するものが対象になります。支援内容は補助対象経費の3分の1(上限30万円)、建物の除去及び廃材等の運搬や処分費用に使用できます。申し込み多数の場合は、審議により緊急性の高い物が優先となってくるため、解体工事を行いたくとも行えない場合が発生することは覚えておきましょう。土地に空家や居住用建物が建っていると固定資産税・都市計画税が軽減されるので節税対策の為そのまま放置している方もいると思います。しかし平成26年に「空家等対策特別措置法」が制定され、特定空家(倒壊の危険性の高い空家・近隣に被害を発生させている空家)に指定された場合税金の軽減が適用されなくなりました。解体工事費用は空家の場所や規模、建物の構造によって様々です。補助金制度もあるので空家の解体工事をし、土地の有効利用を考えたほうが節税対策よりメリットがあることは明らかです。解体工事110番では、安心の明朗会計で木造・鉄筋・鉄骨に対応しているため、どんな建物の解体工事にも対応しています。解体工事を検討している方は是非お電話にてお問い合わせください。

解体工事110番の鳥取県地域における対応エリアについて

  • 鳥取市
  • 米子市
  • 倉吉市
  • 境港市

鳥取県エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2016/3/6
    エリア
    鳥取県倉吉市
    参考金額
    1,020,000円

    お客様から解体工事のご依頼をいただきました。ご希望の工事内容としましては、広さが25平方メートルある木造1.5階建ての蔵の解体をしてほしいとのことでした。また、外には重機を止められるスペースがあるとお教えいただきました。着工日などは追って決めていきたいが、できる限り早めに解体したいとご希望されていました。まずは見積りのご要望をいただきました。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-701-051

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-701-051

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0120-701-051
  • 解体工事110番とは
  • 無料メール相談窓口へ