解体工事110番 トップページ > 高松市の解体工事サービス

高松市対応の弊社加盟店のご紹介

FreeWorkThanks
FreeWorkThanksは高松にて解体工事を請け負っている業者です。個人から企業まで幅広いお客様のご依頼に応えることができる、経験豊富で高い技術を持った作業員が揃っているのが特徴です。解体工事で重要なのは、事前の現場調査を入念に行っているか、否かです。解体の対象となる建造物の大きさ、使用されている建材を調べないことには正確な見積もりが出せません。また、建造物の調査だけでなく、近隣道路の車の交通量、通行人の状況、隣接している建物の有無や距離など周辺調査も必要です。車や通行人が多ければ、それだけ工事中の安全への配慮と騒音、ホコリなどの対策を徹底しなければなりません。こちらの業者は、お客様から連絡を受けた後、経験豊富な作業員が赴き、建造物の調査と周辺調査を入念に行い、状況に応じた工事の進め方を提案してくれます。
宮地組有限会社
高松にて建物の解体工事を行っている会社の一つが宮地組有限会社です。解体工事に携わって30年以上の豊富な経験と実績がある頼もしい存在です。解体工事は、ただ建物を壊すだけの作業だと思っている方が多くいらっしゃいます。しかし、解体工事には多くの過程があり、意外と時間がかかるものです。まず、工事前にはしっかりと現場調査を行う必要があります。調査に基づいた綿密な計画、打ち合わせを行ったうえで安全に工事を進め、工事完了後には廃材やゴミを分別し、適切な方法で処分しなくてはなりません。こちらの会社は、今までの経験で養った知識と技術を活かして、事前の調査から最後の廃材、ゴミの処分まで責任を持って行ってくれますので安心です。また、木造の家屋だけでなくビルや鉄骨解体などあらゆる建物の解体工事に対応できる質の高い技術が魅力です。
藤沢リフォームサービス
藤沢リフォームサービスは建造物の解体工事に力を発揮する、高松で活躍中の会社です。お客様のご要望に対して、親切・丁寧な姿勢で応えることを徹底し、今までに数多くの解体工事の依頼を請けてきた実績があります。工事の際は、ご依頼主だけでなく、近隣住民への配慮を忘れずに礼儀正しいスタッフが挨拶回りに向かいます。工事中にはどうしても大きな音や粉塵などが発生してしまいますが、知識と経験豊富なスタッフが養生や散水などで最小限に抑える対策をしっかりと行ってくれます。また、安全面への配慮も徹底していて、重機で作業する場合には、窓を拭いて視界を良くしてから作業にとりかかるなどの一手間を大事にしています。毎日の作業後の片付けや掃除はもちろん、工事完了後のゴミや廃材の分別・処分も責任を持って丁寧かつ速やかに行ってくれます。
について

高松市の空家数は?解体工事の重要性について

人口約42万人の高松市は香川県の県庁所在地です。市では増加する空き家対策の一環として、香川県の空き家バンクへの参画を広く呼びかけています。香川県の空き家率17.19%は全国7位に相当し、全国でも空き家が多い県と言えます。県庁所在地の高松市にも31,880件の空き家が確認されており、市内の全住宅に対する割合も高くなっています。地域の中で空き家が増加すると、さまざまな面で悪影響が出てきます。長期間放置された空き家は、特に木造家屋の場合に劣化が著しくなり、屋根や外壁が剥がれる恐れもあります。高松市では過去に台風の被害が多発しているため、強風によって空き家が崩壊する危険性も高まることが考えられます。飛散した屋根や外壁は周辺の住宅にも被害を与えかねません。放置された空き家は景観の悪化や悪臭ばかりでなく、他にもさまざまな二次被害を引き起こします。衛生環境の悪化によって害虫が大量発生したり、建物の中にイタチやハクビシンといった害獣が住み着いたりすることも考えられます。ゴミの不法投棄や放火による火災、不法侵入による治安の悪化も大きな懸念材料です。それにも関わらず空き家を放置する例が絶えないのは、高い費用をかけた解体工事で更地にしても、固定資産税が最大で6倍にも跳ね上がるという事情もあります。空き家対策特別措置法の施工により、自治体が特定空き家を指定できるようになりました。指定された空き家には税制面での特例措置が適用されなくなります。1年間以上居住実績がなく危険性が高いと自治体に判断された建築物には、解体が強制執行される例も出ています。空き家バンク等で活用されない限り、周辺住民に迷惑が及ぶ前に空き家は解体される必要があります。解体工事110番では、近隣住民への配慮を徹底的に行いながらも、業界最安値へ挑戦した工事費用で対応に伺うため、費用面で悩まれていた方も一度ご参考までに当サイトを御覧ください。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!