解体工事110番 トップページ > 静岡市の解体工事サービス

静岡市対応の弊社加盟店のご紹介

ベンリー静岡インター店
静岡で、解体工事や駐車場工事などで活躍しているのが、ベンリー静岡インター店という会社です。ベンリー静岡インター店は、解体工事などによくあるトラブルを、長年の経験や知識から未然に防ぐ努力をしており、お客様の立場になってしっかりを話し合い、意見の食い違いなどが発生しないよう徹底しています。そんな努力のお陰か、ベンリー静岡インター店に依頼したお客様からは、「希望通りの作業で、しっかりとトラブルも無くやってもらえる」と高い評価を得ています。更に、解体後の土地を駐車場にした方も、そのままベンリー静岡インター店で対応出来るので、別の業者に依頼する手間が省けます。別の業者に頼むと、また新しく見積もりを取り、現場立会などをしなければいけません。ベンリー静岡インター店は、静岡県で今後の活躍が期待される会社です。
株式会社青山工業
株式会社青山工業は、静岡で解体工事を行っている会社です。解体工事を依頼したい理由は人それぞれですが、最近では古くなった空き家を解体して、駐車場にしたいという依頼が増えているようです。駐車禁止の取り締まりが強化された事により、駐車場の需要が上がっているので、余っている土地を駐車場にして利益を得たいと考える人が増えてきているからです。株式会社青山工業は、解体工事と駐車場工事が出来る会社ですので、解体工事の後、そのまま駐車場工事をする依頼が増えています。株式会社青山工業は、確かな技術と知識があり、長年の経験を持つスタッフが揃っているので、作業全てがスムーズに行えます。株式会社青山工業に依頼したお客様からの評価も高いので、静岡県で解体工事で悩んでいる方の心強い味方になってくれる事でしょう。更なる活躍に期待できる会社です。
について

静岡市の空家数は?解体工事の重要性について

およそ70万人の市民が暮らす静岡市は、全国の県庁所在地でも15番目に人口の多い都市です。市内にはおよそ30万戸の住宅がありますが、平成20年時点での調査では「居住世帯のない住宅」が41,480戸で13.4%を占めていました。このうち約4万戸が空き家となっており、市全体の住宅に占める割合は12.9%に達しています。平成25年の調査では、全国の空き家率が平均13.6%に達しました。静岡県全体では平成20年時点より2%ほど上昇しており、静岡市でもこの5年間で空き家率は上昇しているものと推測されます。空き家の増加は全国的な傾向として、様々な面から問題視されているのです。空き家が増えると街の空洞化が加速し、地域から活力が失われていきます。長期間放置された空き家には、不審者や害獣が住み着く場合もあります。不法侵入による火災の発生も懸念され、ハクビシンやイタチが繁殖すれば周辺住宅にも被害が拡大します。人が住まなくなった建物は急速に劣化が進行するので、特に木造家屋の場合は近隣住宅にも重大な脅威を与えかねません。静岡市はしばしば台風の通り道に当たっており、放置空き家から剥がされた屋根瓦や外壁などが周辺住宅や通行人を直撃する恐れも出てきます。その他にも雑草の繁茂や害虫の発生、ゴミの不法投棄によって衛生環境も悪化し、景観上にも悪影響が及びます。このように空き家が放置されている場合、所有者は亡くなった親から家を相続し、自らは離れた場所に住んでいるケースが少なくありません。解体工事には高額な費用がかかる上、更地にすれば固定資産税が最大で6倍に膨れ上がります。そのため空き家が放置されるのです。しかしながら周辺住民や地域への悪影響を考えると、空き家は放置せずに解体工事を実施することが望ましいと言えます。適切に管理された物件であれば、空き家バンクに登録して有効活用することも可能ですが、そのような例は一部の空き家にとどまるのです。建築物を解体するには建設業の許可を得た施工業者か、解体工事業の届出をしている専門業者に依頼する必要があります。

解体工事110番の静岡市地域における対応エリアについて

  • 静岡市葵区
  • 静岡市駿河区
  • 静岡市清水区

静岡市エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2015/9/7
    エリア
    静岡県静岡市清水区
    参考金額
    550,000円

    お客様より空き家になっている木造の平屋と車庫の解体依頼をお受けしました。建物の解体時期などについては、今はまだ具体的には決めていないのでスケジュールを見ながら相談して決めたいとのことでした。また、見積りのお日にちについても相談を希望されていました。お客様は指定いただいた日時までの折り返し連絡をご希望されていました。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!