解体工事110番 トップページ > 最新情報・レポート

お役立ち情報

解体工事に関するお役立ち情報をまとめました 検討する際などにご活用ください

解体工事に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。 解体工事に関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。よろしくお願いします。

解体工事に役立つ情報

養生シートの役割

養生シートの役割

解体工事の作業をする上で欠かすことの出来ない養生シート。 養生シートの役割は、部品や木材、ホコリなどの飛散防止に使用されるのですが、 場所や状況によっては散水を行うことで養生シートの代用とすることもあ…

解体工事の周知

解体工事の周知

解体工事を行う際、解体工事を行う建築物の敷地境界線からその建築物の高さの2倍に等しい水平距離の範囲(水平距離が20メートルを超える場合、建物の敷地境界線から20メートルの範囲)に解体工事について周知し…

解体工事と資格

解体工事と資格

解体工事と言ってもただ壊すと言うだけではなく、壊すにも資格が必要です。 また、解体の種類によっても必要な資格は変わってきます。 コンクリートで出来た建物を解体する場合は、作業員以外に「コンクリート造 …

空き家が抱える問題

空き家が抱える問題

高齢化や人口減少に伴い、全国的に空き家が増加しているため、国土交通省でも この空きや問題に取り組んでいます。 空き家が引き起こす問題は実に様々です。空き家が手入れされないままでいると 倒壊の危険が問題…

空き家火災の原因

空き家火災の原因

空気の乾燥が続くこれからの時期は火災が発生しやすくなりますので、今まで以上に火元には注意してください。 火の気のない空き家でも毎年のように火災は発生していますが、原因はいったいなんだと思いますか? …

解体工事と季節

解体工事と季節

解体工事は年中無休で受付しているのですが、地域によっては積雪前の 秋口からご依頼が増加傾向となっています。 積雪の量によりますが、除雪機を動員させての解体工事は、それに伴って付随した 作業工程も必要と…

新しい解体工事

新しい解体工事

解体工事といえば、海外ではダイナマイトによる爆破解体、日本では重機やクレーンを使って一つ一つ取り壊していくというスタイルが多いのですが、日本の大手建設会社により、もっと効率よくスマートに解体をする方法…

建設リサイクル法

建設リサイクル法

解体工事を行うにあたり、国土交通省が定める公的な届出など、数多くの書類が必要となります。 この建設リサイクル法の基本方針は、建造物の建設に使用した資材を再資源化することにあり、 それぞれの資材ごとの取…

ダイナマイトによる爆破解体

ダイナマイトによる爆破解体

ダイナマイトによる爆破解体は、国土が狭く建物が密集している日本ではあまり馴染みがありません。 日本では火薬の取り扱いに関する法規制が厳しい上に、ダイナマイト解体時の爆音や破片など、様々な 問題が同時に…

忘れてはいけない建設リサイクル法

忘れてはいけない建設リサイクル法

皆様は「建設リサイクル法」という法律をご存知でしょうか。「建設工事に係る資源の再資源化等に関する法律」とも呼ばれ、リサイクルと名のつくように、廃棄物の適正な処理を目的とした法律です。対象となる廃棄物は…

解体工事で使用する重機

解体工事で使用する重機

「解体工事」というとマンションやビルなどの大規模工事をイメージすると思うのですが、 実際は車の駐車場や、庭に建てた小屋などの小規模な工事も行っています。 使用する重機は大型の物から、小型の物まで、解体…

自然災害の被害を受けたら

自然災害の被害を受けたら

最近では竜巻が起こったり豪雨になったり、 異常気象になることも多くいつ何が起こるかわからないという 危機感を持ち、非常用の食べ物や飲み物、ヘルメットや懐中電灯など 防災グッズを集めて備えている方…

解体工事に関する法律

解体工事に関する法律

解体工事をする場合は、「建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律」に基づき、 都道府県知事より「解体工事業」の登録を受ける必要があります。 第一条では、特定の建築資材を分別解体及び再資源化するための…

解体工事と事故

解体工事と事故

建物を解体する時には、外壁の崩落や倒壊による事故を防ぐための様々な対策がなされています。 国土交通省からも、「建築物の解体工事における外壁の崩落による公衆災害防止 対策に関するガイドライン」が作成され…

業者選びはマニフェストが決め手

業者選びはマニフェストが決め手

「マニフェスト」と聞きますと、おそらく多くの人は選挙時によく聞く「選挙公約」を思い浮かべることでしょう・しかし、解体工事においては別の意味を持ちます。解体工事では、マニフェストは「産業廃棄物管理票」と…

火災が起きたときの解体工事

火災が起きたときの解体工事

もしも自分の家で火災が起きてしまったら、きっと呆然としてしまうでしょう。 しかし、住む家がなくなってしまったとなればそうもしていられませんよね。 まずは、消防署による現場検証が行われ、現場検証が終わる…

リサイクルとアスベスト

リサイクルとアスベスト

解体工事では、建設リサイクル法により分別による解体が義務付けられている建造物があります。 延床面積が80平方メートルの建物で、木材、コンクリート、鉄の建築資材、アスファルトにも 同法が適応され、リサイ…

解体工事の必要書類

解体工事の必要書類

解体工事を行う場合は、工事の内容によって「特定建設作業実施届出書」や、 「リサイクル関連の資材の再資源化」など様々な書類が必要となります。 工事内容の他に、延床面積によっても必要書類が異なりますので、…

解体工事の騒音問題

解体工事の騒音問題

解体工事を行う建築物の規模にもよりますが、長期間であればあるほど近隣住民の方への 工事時に出る音への配慮は欠かせないものとなります。 特に住宅街などでは作業環境に配慮した解体工事が求められるため、養生…

住宅メーカーに依頼すると費用はどうなる?

住宅メーカーに依頼すると費用はどうなる?

家の建て替えをするために解体工事を行う場合、住宅メーカーや工務店に解体工事を依頼します。 その場合、住宅メーカーや工務店の仲介料が発生して、工事金額が高くなってしまう事があります。 また、解体工事…

日本全国対応!365日24時間受付中!今すぐお電話でご相談したい方はこちら!解体工事の専門スタッフが条件にあった業者を無料でご紹介します 私たち、専門スタッフがサポートします!

24時間365日対応 年中無休 日本全国 無料通話0120-000-000

メールでお問合せ

  • 解体工事110番とは
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • 料金について
  • お役立ち情報
  • よくあるご質問