解体工事110番 トップページ > 最新情報・レポート > 解体工事の成功と失敗の分かれ道!見積りの出し方や業者選びの注意点

最新情報・レポート

解体工事に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。
解体工事に関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。よろしくお願いします。

解体工事の成功と失敗の分かれ道!見積りの出し方や業者選びの注意点

解体工事というと「ただ単に家を壊すだけ」というイメージがあるため、費用はできるだけ安く抑えるものと考えている方は多いようです。   しかし、実際の解体工事は、家を壊して更地にするだけのものではありません。事前の挨拶回りから、工事中の安全の確保や近隣への丁寧な配慮、そして工事後のスムーズな支払いまでを通して、すべて納得いく形で取引ができてこそ成り立つものです。   それだけに、解体工事の現場ではどうしてもトラブルが起こりがちで、誰もが思い通りの結果を得られるわけではありません。   そこで今回は、解体工事の成功と失敗の分かれ道は、どのようなきっかけで現れるのか。そして、確実に成功への道を進むためにはどのような点に気をつければよいのか。その点について詳しくご紹介します。

解体工事成功と失敗の分かれ道

解体工事での失敗は、主に工事中の事故や近隣からのクレーム、予算超えなどをきっかけに大きなトラブルへと発展してしまう傾向にあります。

工事中の事故

解体工事の現場は、常に予期せぬ事故と隣り合わせです。解体途中の壁の崩落などのアクシデントや、落下物による通行人への傷害事故、工事の不備によって物件が突然倒れて近隣まで被害が及ぶなど、さまざまな事故が起きています。   不慮の事故のみならず、あからさまな手抜き工事をする業者も存在しており、このような業者を選んでしまった場合は大きな損害を出してしまう結果に繋がってもおかしくありません。

クレームによる作業中断

解体工事は騒音やホコリなどの問題から、近隣住民からクレームを受けて中断せざるを得なくなることがあります。 手を尽くしても音や振動を完全になくすことは不可能なため、住民によっては施主に工事の中断や、工事の影響で被害を受けた場合の補償を求めるサインなどを求めてくるケースもあるようです。   このような場合は施主自らが対応するのは正しい判断ではなく、業者がプロの知識と責任を持って対応するべきですが、そういった責任を負わない業者もあるため注意が必要です。

予想をはるかに超える高額な請求

解体工事の費用相場は状況によってあまりにも幅が広いため、予算を自分で正確に割り出せる人はまずいないでしょう。「家を壊すだけだし、だいたいこれくらいかな?」と見切り発車してしまい、着工後に予想の倍の費用を請求されて大混乱!…というケースも少なくありません。   このようなケースでは、業者が最初に明確な金額を開示していなかったり、内訳などを曖昧にしておき追加で高額の費用を請求してきたりすることもあります。  

安全で円滑に解体工事を進めるには

ただ更地にするだけであっても、やはり高額な費用をかけて行うことになる解体工事。後悔やトラブルなく解体を終えるためには、コスト面、作業面、対応面すべてに信頼できる業者を見つけることが重要です。

しっかり対応してくれる業者を見つけることが大切

解体を依頼する業者を探す時は、まず値段や条件から目途をつけてしまいがちですが、最終的に最も大切なのはその業者が本当に信頼できるかどうかです。解体現場に多いさまざまなトラブルに対して、確実な対応策を備えた実績ある業者を見つけるためには、以下でご紹介するようないくつかのポイントがあります。

良い業者と呼ばれる基準

まずは、依頼先候補の業者がきちんとした実績のある会社なのかを調べましょう。解体工事を行うには、「解体工事業」「土木工事業」「建築工事業」「とび・土木工事業」のうち、いずれか1つを所有しているか、「解体工事業登録」が行われていることが大前提です。これらの許可証があるかを確認しましょう。   そして、地元で実績があるか。所在地がしっかり確認できるか。ある程度の年数その地域で評価されているか。この点がクリアできる業者であれば、信頼できる可能性が高いです。業者のホームページなどで記載されているかどうか、しっかり確認するとよいでしょう。   良い業者は、プロの知識と提案力でどんな質問にもしっかりと答えてくれますし、最初から施主が知りたい情報を積極的に開示してくれます。   信頼できる業者であるほど、価格についても「なぜこの処理がこの価格なのか」「なぜお値打ちなのか(またはその逆の場合)」なども、こちらが納得のいく説明をしてくれるでしょう。   また、金額や契約に関わる約束事や変更事項などは、必ず書面に残すのが正当なやり方です。営業マンが好印象で進行がスムーズでも、こちらから要求しないと書面を用意せず、口約束や曖昧な説明のみで工事を進めるようであれば、悪徳業者の可能性があります。注意しましょう。   極端に安い解体業者は、産業廃棄物の処理で違法をしている可能性があります。競合会社に勝つため、不法投棄することで廃棄処理費を抑えている業者は数多く存在しており、もしそういった業者を利用すれば施主にも罰則が与えられます。   罰則は5年以下の懲役、または1000万円以下の罰金、またはその併科とされており、知らずに業者を利用しただけの施主にも前科がついてしまうことになるのです。   業者のホームページなどで産業廃棄物処理の許可をしっかり得ているのかどうかも確認できますので、確認してから依頼しましょう。  

解体工事業者の探し方

業者選びを失敗してしまうと、「知らなかった」「こんなはずじゃなかった」では済まされない重大なトラブルに巻き込まれる可能性が高くなります。では、信頼できる業者はどのように探せばよいのでしょうか。解体業者の探し方が分からない場合、まずは下記の方法で目星をつけてみましょう。     ・近くの業者を探す(タウンページや地域情報誌に掲載されている業者をチェックする) ・インターネットで口コミなどを参考にして探す ・知り合いの利用した業者も参考にする  

解体業者を選ぶときのポイント

業者を選ぶ時に気をつけたいことはたくさんありますが、優良業者に出会うために必ず押さえていただきたいポイントは、下記の2つです。

価格だけで業者を選ばない

解体工事は費用がかかりますので、安い業者に魅力を感じるのは当然のことです。しかし前述にもあるように、ただ安さだけを求めて判断してしまうと思わぬトラブルに巻き込まれたり、法外な費用の上乗せなど詐欺まがいの被害にあってしまったりする可能性があります。価格は高すぎず、お得であってもしっかり納得できる理由のある業者を選びましょう。

信頼できる業者は自分の意志で決める

建築業に携わっている知人や、近所に解体工事の経験者がいれば、気安さから簡単に紹介を受けてそのまま話を進めてしまうこともあるでしょう。しかし、建築関係以外の多くの業界でもよくあるトラブルが、「知り合いの業者の仕事に満足できなかったが、気まずくてクレームできなかった」というもの。   解体工事では重大な責任が発生し、やり直しもききません。後悔なく成功させるためにも、公正な目で選ばれた優良業者を探し、その中からさらに自分に合った業者を選びたいものです。

解体業者110番ならこんな悩みもスッキリ解決

良い業者の見分け方や業者探しの方法は分かったけど、実際に選ぶ時には誰もが不安になってしまいます。そんな不安を解消し、確信を持って依頼先を決める方法はあるのでしょうか。

色々見たけれど結局1社に絞れない

「見れば見るほど、どの業者がよいのか分からなくなってくる…」「単純に値段だけで決められたら楽なのに…」このような苦悶は多くの方が経験されています。   どうしても1社に絞れない場合は、解体業者に詳しいプロに相談してみることをおすすめします。解体業者110番では、お住まいの地域やあなたのご希望にピッタリの業者をご案内することができます。

初めての依頼なのでよい業者を見つける自信がない

  「解体工事」というよく知らないジャンルで、このような大金が動く決断をする時はどうしても怖くなりますし、自信を持って業者を決められる人は少ないでしょう。   分からない事は、その道に詳しい所に任せるのが1番。優れた業者を数多くご紹介できる解体業者110番に、ぜひ1度お声がけください。自信を持って、信頼できるおすすめ業者をご紹介いたします。   まとめ 今回は、ここまで悪徳業者に依頼してしまったときに、どんなことが起こる可能性があるかをご紹介し、よりよい業者の選びかたなどをお伝えしてきました。   解体工事は、なかなか相場があってないものです。その建物の構造や大きさなどで異なるので、しっかりと見積もりを出してもらうことが1番重要でしょう。   そして、業者のホームページなどで産業廃棄物の資格を持っているか、信頼できるのかなどを確認してから選ぶとよいでしょう。   しかし、自分ではなかなか1つに業者を選ぶことができないでしょう。そんなときは、解体工事110番にお任せください!あなたにあったぴったりの1社をご紹介します。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1評価, 平均評価: 4.00 )
Loading...
0120-932-621
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さんも募集中
スタッフ紹介
対応エリア