解体工事110番 トップページ > 最新情報・レポート > 地中埋設物の撤去に追加費用が?トラブルを避けるには

最新情報・レポート

解体工事に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。
解体工事に関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。よろしくお願いします。

地中埋設物の撤去に追加費用が?トラブルを避けるには

地中埋設物の撤去に追加費用が?トラブルを避けるには

地中埋設物というものをご存じでしょうか?これは解体工事中に発見されるゴミのようなものです。地中埋設物が発見された場合は確実に撤去する必要があります。この撤去作業ももちろん業者におまかせしなくてはいけません。しかし、事前の見積もりにはこの作業に伴う金額は入っていないので、後々追加で費用が請求されます。そのため何か怪しいと感じる方が多いようです。

今回は地中埋設物の撤去にかかる費用についてご説明します。そもそも地中埋設物とはいったい何なのか?どのようなものがそうなのか?など基本的なことから、追加費用が発生する理由についても説明していきます。これらを利用した悪徳業者による不当な請求に関する注意点もご紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

 

 

解体工事中に出てくる地中埋設物とは?

地中埋設物は別名地中障害物と呼ばれ、土の中に埋まっているゴミやコンクリートのことを指しています。この地中埋設物は解体工事中に発見されることが多く、見つかったものは取り除かなくてはいけません。工事をいったん止める必要があるので、時間のロスにつながる厄介なものになります。

一般的に地中埋設物は建物の基礎の下から出てくるケースが多いですが、なぜそのような場所に埋まっているのかが気になるところでしょう。ほとんどの場合は前に作業をおこなった解体業者が残していったものです。現代と違い、昔は不法投棄に関する法律がきっちりと定められていなかったため、ルールが曖昧になっていました。その影響からか、建設現場で出る廃棄物などは基礎の下に埋められ、重機で圧をかけて抑えていたのです。

基礎が上に敷かれているため、ほとんどの場合は見ただけでは確認することができません。そのため基礎の解体が必要な解体工事中に発見されることが多くなります。

先ほども述べたように、発見された地中埋設物は撤去しなくてはいけません。撤去を怠ってしまうと地盤が不安定になり、地盤沈下などの被害が後々起きてしまう恐れがあるからです。新たに杭を打って基礎を敷こうとしても、地中埋設物が邪魔になり、正確に基礎を打つことができなくなります。次に立てる建築物のことを考えると、しっかりと確実に撤去する必要があるのです。

どのようなものが地中埋設物なの?具体例をご紹介

地中埋設物と言っても、種類はさまざまです。以下ではどのようなものが地中埋設物として扱われるのかをご紹介します。なにを撤去する必要があるのかを知っておくことで、作業がスムーズに進むこともあるので、頭に入れておくとよいかもしれません。

●瓦やコンクリートガラ
地中埋設物のなかでも、もっとも出てくることが多いのが瓦とコンクリートガラです。以前の土地所有者が処分する手間を惜しんで埋めている可能性が高いのでしょう。

●岩
地中にも大きな岩が埋まっていることは多々あります。最近の住宅の基礎工事では深めに掘ることがおおいため、しっかりと撤去しなくてはいけません。岩を残してしまうと、解体工事後にトラブルが起きてしまうかもしれないので注意しましょう。

●以前建てられていた建物の基礎
今から解体工事をおこなう建物の基礎ではなく、その前の代の基礎が残っていることがあります。これは作業前から事前に予期することはできません。

●衣服やタイヤ
たまにではありますが、地中から衣服やタイヤなどが出てくることがあります。これらは建築時の妨げになることがあるので、しっかりと掘り起こして取り除くようにしてください。

地中埋設物が出てきたら追加費用が必要に!?

解体工事を業者に依頼するさいは、まず見積りを出してもらうはずです。一般的な流れはその見積り金額に沿って工事に必要な予算が組まれていきます。ほとんどの場合はそこから追加費用が発生することはありません。

しかし、地中埋設物が出てきてしまった場合は別です。地中埋設物の撤去は予期せぬことであるため、突然新たな請求突きつけられます。しかし、先ほどからも説明しているように、地中埋設物が出てきてしまった場合は確実に撤去しなくてはいけません。

最初は不当な請求ではないかと怪しんでしまうかもしれませんが、決してそういう訳ではないのです。業者からしてもこれは不測の事態であるため、追加で費用を請求する必要があります。健全な業者であっても、見積り時にこうした突発的なトラブルは計算に入れていないので、追加として費用を請求しているのです。そのため解体工事中に発生した、地中埋設物の撤去費用は必要経費だと考え、応じるようにしてください。

しかし、健全な業者であれば見積りを出すときにこのような説明をおこなってくれます。契約書にもそのような条項が記載されているはずですのでしっかりと確認してみてください。このような確認はトラブルを避けるためにも重要なことになります。記載されていないようであれば、地中埋設物が出てきたときの対応や、追加費用について口頭で尋ねるようにしましょう。

不当な請求には要注意!安心できる業者の選び方!

不当な請求には要注意!安心できる業者の選び方!

いくら事前に説明があったとしても、追加費用の額は出てくる地中埋設物の量や大きさ、種類によって異なります。そのため知識がまったくなければ相場が分からず、言われたとおりの額を支払ってしまうことでしょう。そのような方法で不当な額を請求している悪徳業者も存在します。

一般的な業者であれば地中埋設物が出てきたら依頼主に報告をしますが、悪徳業者は違います。見つかったとしても報告をせず、勝手に撤去してしまうのです。勝手に作業を進められては地中埋設物の種類も分からないため、割増した金額を請求されてしまいます。

さらに悪質な場合は地中埋設物が出てこなかったにも関わらず、あったと嘘の報告をしてくるのです。元からあったかのように偽り、不当な請求をされることがあります。工事前に安い金額を提示したにも関わらず、いろいろな難癖をつけて追加費用を請求するのが悪徳業者の手口です。あまりにも安すぎると感じた場合は、極力かかわるのを避けたほうがよいかもしれません。

【業者を選ぶときのチェックポイント】
信頼できる業者と出会うためのポイントとして、いくつかチェックしておくとよいポイントがあるのでぜひ参考にしてみてください。

  • ●建設業の許可を保有している
  • ●近隣対策と安全対策をしっかりとおこなっている
  • ●廃棄物の処理に関するマニフェストがしっかりとしている

まとめ

地中埋設物の撤去に関する費用についてご紹介してきました。地中埋設物の撤去には費用が必要になりますが、確実に取り除かなくては後々トラブルになる恐れがあります。そのため解体工事中に発見されるようであれば、しっかりと撤去してもらうようにしてください。

追加費用も決して悪意のあるものではなく、必要な経費です。不測の事態であるため、業者も見積りの時点では計算に入れていないことがほとんどです。しかし、このようなことを利用した悪徳業者が存在するということはしっかりと理解しておきましょう。

見積書や契約書を確認し、気になることが少しでもあれば業者に聞くようにしてください。トラブルを未然に防ぐためにもこのような確認は必須です。業者を選ぶときのチェックポイントをご紹介したので、心配な方は参考にしてみてください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-932-621
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さんも募集中
スタッフ紹介
対応エリア