最新情報・レポート

解体工事に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。
解体工事に関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。よろしくお願いします。

車庫の解体工事において気になる流れと費用

地域によっては、車は必需品です。車の管理は車庫でしているという方も多いのではないでしょうか。車庫に車を停めることで、大切な車を雨風から守ってくれますよね。
このように重宝する車庫ですが、ライフスタイルの変化などによって不要になることもあります。不要になった車庫は、解体工事がおすすめです。車庫を解体することで生まれたスペースを、有効的に活用していくことも可能ですが、気になるのは解体方法法や費用かと思います。
今回は、車庫の解体方法・費用を中心に信頼できる解体工事業者について触れていきます。

解体工事に掛かる費用



車庫の解体方法

一般の家屋と車庫では、基本的な解体作業の流れに変化はないとされています。車庫は家屋よりも比較的小規模な工事であるため、工期が短くなりやすいです。
具体的に車庫の解体工事がどのようなに行われるのか、ここでは大まかな流れを説明していきます。

1・現場の養生と足場の設置
解体作業時には、騒音や振動、粉塵が舞うことが予想されます。そのため近隣への配慮として、作業現場をシートで養生する必要があります。
養生した後、高所作業の安全性を確保するための足場が作られ、仮設の設備が建てられます。

2・屋根や内装部の撤去
解体作業は、重機で空き家や木造住宅を上から潰すというイメージをお持ちの方も多いでしょう。しかしいきなり建物を解体するのではなく、基本的には屋根や石膏、土壁などを解体してから行われています。
手順については法律により義務付けられていると言われており、正しく行う必要があります。

3・解体作業 外装と内装をしっかり撤去した後で、本格的に建物の解体作業が行われます。基本的には重機が使用されますが、立地や建物の状態により、重機の使用が困難なケースもあります。
その際は、トラブルを回避するために手作業で行なう業者も存在します。

4・ゴミの撤去及び清掃
建物の解体を終えた後、廃材の処理と現場を整地が義務付けられています。作業中に排出されるのは、木材やコンクリートなど様々です。しっかり分別し、処理場に運ばれた後で適切に処理されています。


車庫の種類によって異なる費用

解体工事の費用は、坪単価で計算されるケースが多いので、土地の面積や建物の大きさにより変わります。ほかにも費用に関する要素はたくさんありますが、車庫や倉庫の解体をするときには、アスベストの有無や、廃棄物の量にも配慮が必要です。

■廃棄物の処理について
産業廃棄部物の処分方法は行政で決められており、処理する廃棄物の量が多ければ費用も増えていきます。また、産業廃棄物以外の廃棄物は処分方法が変わるため、別途費用が必要になるケースもあります。車庫や走行に残された荷物は極力減らしておくべきでしょう。

■アスベストの有無について
アスベスト素材が使用されているかどうかも大きく影響することが考えられます。
とくに、高度成長期には主流の建材として使用されていたとされています。

天然の鉱物繊維であるアスベストは、人間に様々な健康被害をもたらすとされています。誤って近隣に飛散すると、大きなトラブルに発展しかねません。

アスベストを含んだ建材を使用している場合は、特別な方法で解体されます。
産業廃棄物の中でもとくに取扱いに危険性があるため、それに応じて費用が変わります。


カーポートとの違い

一般的には多くの駐車スペースのことを車庫、またはガレージと呼ばれていますが、規模によってはカーポートと呼ばれることもあります。 それぞれには構造などが違い、解体費用も変化すると言われています。

ここでは、カーポートと車庫の違いについて見ていきましょう。

■車庫
基本的にシャッターつきのものが多く、壁や屋根がついた駐車スペースであるとされています。防犯性能も高く、雨風からしっかり愛車を守ってくれるといったメリットが挙げられます。

倉庫や物置としても利用されることがあるため、ある程度頑丈さが要求されるでしょう。しっかりした素材で作られたものは、建築費や解体費用も高くなる傾向があります。

■カーポート
車庫とは違い柱と屋根とだけの簡素な作りのものが多いとされています。雨風が吹き込む可能性や、防犯性能は車庫に劣ります。

しかしながら、省スペースでも建てやすく、比較的工期も短いという利点があります。さらに簡素な作りであるため、解体工事費用も抑えやすいことも考えられます。

現在ではカーポート自作キットを購入することも可能であり、DIYでも作れます。


信頼できる業者選び

信頼できる業者選び
解体工事は、手順や近隣への配慮、解体後の処理などを徹底する必要があります。自分で行なうことはほぼ不可能であり、解体工事のプロに依頼するべきでしょう。

しかし適切な業者を選ばなければ、思わぬトラブルに見舞われる可能性があるため、しっかり見極めることが大切です。

ではいったいどんな業者を選ぶべきなのか、確認していきましょう。

●内容を書面で説明してくれる
口頭だけの説明では、工事が始まってから追加費用が求められる恐れがあります。依頼者は解体に関する専門知識は持っていない方がほとんどではないでしょうか。
そのため、工事の内容、詳細な見積もりを書面にて分かりやすく説明してくれる業者を選ぶのがおすすめです。

依頼者側に不明な点がないように丁寧な対応をしてくれる業者は、安心してまかせることができるでしょう。

●保険の有無
作業の際に、どれだけ完璧に養生しても騒音やほこりが近隣の迷惑となる可能性があります。万が一のトラブルに備え、保険を取り扱っているかどうかも業者選びにおいては大切です。

クレームが発生したときにどのような対応をしてくれるのか、具体的に説明できる業者を選びましょう。

●許可証の所持
解体工事、産業廃棄物の処理、運搬には特別な許可が必要とされています。
もし解体に関する許可証を提示できないのであれば、正規の業者ではない場合がありますので注意しましょう。
法律に遵守した作業をしてもらうためにも、許可証の提示ができる業者を選ぶのが大切ではないでしょうか。

まとめ

解体工事は、ただ建物を壊す作業ではなく、しっかり手順を遵守して行われる作業です。ときには有害な建材で作られた建物も存在し、処理に厳しいルールが設けられている場合があります。
主に立地や規模により費用は変化し、できるだけ費用を抑えたいとお考えの方も多いでしょう。
しかし解体を依頼する際は、料金が安いことよりも、適切な方法で施工してくれる業者を選ぶのが大切です。

0120-932-621
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さんも募集中
スタッフ紹介
対応エリア

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-701-051

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-701-051

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0120-701-051
  • 解体工事110番とは
  • 無料メール相談窓口へ