最新情報・レポート

解体工事に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。
解体工事に関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。よろしくお願いします。

解体工事トラブル防止は挨拶が重要?

古くなってきた実家を建て直したい。新しく土地を買ったが、前の家が残っているので取り壊しが必要になってしまった。
そんな時に必要となるのが解体工事です。 新しい家を建てる前に解体工事トラブルが発生したため、その後その土地に住みづらくなってしまったという方も実際にいらっしゃいます。

では、解体工事トラブルを未然に防ぐためにはどうしたら良いのでしょうか? 解体工事により周囲へどんな被害を与えてしまうのか、その内容ごとにトラブルを防ぐ有効な手段について項目ごとにお伝えしていきたいと思います。
また、解体工事トラブル防止には挨拶が欠かせません。その理由と効果的な挨拶についても解説していきます。


解体工事1

解体工事で挨拶をしないとどうなる?


ハウスメーカー(HM)で家の新築や建て直しが決まった時は、夢いっぱいの気持ちだと思います。
新しい家を建てる前に以前の住居が土地に残っている場合は、解体工事が必要になります。 いざ解体工事を始めた時に、近隣住民の方から苦情が殺到して「こんなはずじゃなかった!」という事態は避けたいものです。
 解体工事中にトラブルが発生してしまうと、工事の日程がずれこんでしまうだけでなく、最悪の事態として解体工事自体を中断する必要も出てきます。また、近隣の方へ甚大な被害を与えてしまった場合、裁判や訴訟にまで発展することもあります。

あくまで解体工事は自分たちの都合で行うもので、周囲の方にとってはありがたいことではありません。
いったん解体工事が始まると、騒音や振動・ホコリや粉じんなど、ありとあらゆる不快なトラブルが発生します。
そのため、最大限その不快感をやわらげ、近所の方々と円満な関係を築くために挨拶が必要不可欠となるのです。

これがもし挨拶もなしにいきなり解体工事を開始されたらどうでしょうか?
静かに生活していた所を、ある日突然とんでもない騒音が発生して気分が悪くなったり、工事の振動で一日中落ち着かない状態になり、洗濯物には解体工事現場から舞い散るホコリが付着したり。
「前もって挨拶もしないなんて、非常識にも程がある!」と近隣住民の方がお怒りになるのも当然ですよね?
こういった流れでクレームが発生するのは自然なことと言えるでしょう。

よくある5つの原因


解体工事トラブルの原因は共通しており、主に下記の5つがトラブルの割合の多くを占めています。

1.騒音


重機で家屋や建物を解体する際に、屋根や柱・コンクリートなどが落下して非常に大きな音が発生します。
工事車両が周囲を行き来する際にも騒音は避けられません。
解体工事後、トラックへ積み込むために建築資材を粉砕する音なども周囲へ響き渡ります。

2.振動


重機で地面を掘り起こしたり、現場内を重機が移動すると、発注者の土地と地続きである近所の住宅にどうしても振動が伝わってしまいます。距離が近かれば近いほどその振動の影響も深刻です。

3.粉じん


建物を解体した時に、コンクリートの粉や埃が周囲へ飛び散り、近隣住民の方の敷地内まで広がってしまいます。ベランダに干していた洗濯物に粉じんが付着したり、駐車場に駐車していた自動車が埃まみれになってしまうこともあります。

4.駐車場所のトラブル


解体工事を行う際は、複数の工事車両が出入りすることになります。家屋を解体する重機や粉砕した資材を運び出す大型トラックなど、特に道路の幅が狭い場所では道をふさいでしまうことにもなり、近隣の方の通行の妨げにもなります。

5.近隣の建物への被害


解体工事を行う場所の立地や建物の条件によっては、近隣の建物にヒビが入ってしまうことがあります。また、解体作業中に運んでいたがれきが隣家の敷地内へ落下してしまい、直接建物や自動車などを傷つけてしまう場合があります。

こんなトラブルが発生することも


上記で紹介した代表的な解体工事トラブルにも、こんなトラブルも発生しています

・害虫や害獣被害


解体工事中に、もともと家屋に住みついていたゴキブリなどの害虫がその住処を失い、近隣の家へ入り込んでしまうことがあります。長い間空き家となっていた家には様々な害虫が住み着く可能性が高く、空き家の中に巣を作って卵を植え付けて繁殖します。 換気が十分にされていなかった家屋の場合は、シロアリが生息することもあります。 湿った木材を餌とするシロアリにとっては、空き家は絶好の住処といえるでしょう 人の出入りのない空き家には猫やネズミなどの害獣も侵入してきます。 解体工事を行った際に、中に住んでいた害虫や害獣が一斉に飛び出してくる可能性も考えられます。

・解体工事作業員のマナーが悪い


解体工事を行っていた作業員の態度が非常に悪く、周囲の清掃を行わずゴミを散らかしたまま帰ってしまったり、大声で騒いでいたため近隣の方が注意をしに行ったところ、怒鳴られたり恫喝されたりして聞き入れられなかったなどのトラブルがあります。 解体工事のために組んだ足場やステップをぞんざいに解体するなど、作業員の資質や会社内での指導が不十分なために人的トラブルも発生し、近隣の方はより不快な思いをする羽目になってしまいます。

解体工事トラブル防止は挨拶が決め手


上記のような解体工事トラブルに見舞われないためには、事前に防止措置をとっておくことが必要です。
そして何よりトラブル防止に必要なのは誠意のこもった挨拶です。 きちんとした施工業者は、近隣への挨拶を必ず行いますが、施主も一緒に挨拶回りに同行することで、誠意が伝わりやすくなります。
 ただでさえ騒音や振動に粉じんなど様々な迷惑をかけてしまう訳ですから、施主の方の人柄を前もって知っていただくことがトラブル防止に繋がります。また、問題が小さな段階のうちに「あの施主さんなら、言い分を聞き入れてくれるだろう。」と話し合いの場を持ちやすくなります。どんな人が施主なのかを周囲の方へ事前に知っていただき、常識ある施主と認識していただけるとその後の流れがスムーズにいきやすくなります。

挨拶に伺うタイミングは、解体工事の一週間から十日前ぐらいのタイミングが適切と言われています。粗品を持って挨拶に伺い、業者に解体工事の内容を書面を参照しながら説明してもらうと、誠意が伝わりやすいでしょう。 挨拶回りに伺う範囲は、隣家だけでなく迷惑がかかると思われる範囲まで伺うことが必要です。解体現場から少し離れていても、工事車両がひっきりなしに行き来する道路の近辺など、考えられる範囲を予測して挨拶に漏れが無いように気を付けましょう。

解体工事2

まとめ


解体工事トラブルを防ぐためには、誠意のこもった挨拶で前もって周囲の方の理解を得ることが大切です。
施主と近隣住民の方々が、お互いに気持ち良く解体工事を完了させるために、挨拶で円満な関係を築きましょう。
解体工事をお考えの方は、ぜひ解体工事のプロへご相談ください。

0120-932-621
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さんも募集中
スタッフ紹介
対応エリア

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-701-051

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-701-051

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0120-701-051
  • 解体工事110番とは
  • 無料メール相談窓口へ