解体工事110番 トップページ > 宮崎市の解体工事サービス

宮崎市対応の弊社加盟店のご紹介

合資会社高橋建設
合資会社高橋建設は、宮崎エリアで建物解体工事、土木工事などで活躍している会社です。建物を建てる時には、設計事務所や住宅メーカーなどに依頼すればいいというのはわかりますが、建物の解体工事となるとどこに依頼してよいかわからない、そんな人は少なくありません。また、解体業者を見つけたとしても、評価するポイントがわからず良い業者なのかの見極めが難しいというのが実情です。解体工事業者を選ぶポイントはいくつかありますが、過去の実績が豊富であるかどうかも一つの選択ポイントとなるでしょう。解体工事には危険な作業が伴いますので、実績が多いということは、安全面の配慮がしっかりなされている証拠となります。見積りが明瞭であるかも重要です。一式いくらではなく、細かい内訳を提示する業者の方が、不足している工事はないか、知らないうちに追加されている工事はないかがわかりやすく親切な業者であると言えます。実績、見積りの点において、合資会社高橋建設は安心出来る会社の一つです。
について

宮崎市の空家数は?解体工事の重要性について

現在、日本の空き家数が増加傾向にあることが問題となっています。県の全体的な空き家率は、およそ13.5%と高い数値です。これは宮崎市も例外ではなく、市内の空き家数は20,690件と多くの空き家が確認されています。このような空き家が増えている原因は、核家族化に伴う高齢者などの一人暮らし世帯が増えていることによるものです。住宅の所有者が高齢者となって、老人ホームに暮らし始めたり、子供と一緒に暮らすようになったりしていくことで、誰も住まなくなってしまうのです。このようなことが原因で、空き家は増えていってしまうのです。そして、空き家を撤去しようとしても家を取り壊すには高い費用がかかります。さらに、家の解体工事を行って更地にすると、固定資産税の負担が多くなるため、空き家になった家自体を取り壊そうと考える人は少ないと言われてきました。しかし最近では空き家があった場合、更地と同じくらいの税金に変えることになってしまったために解体工事をした方が得になりました。ぜひ当サイトを利用して解体工事をご依頼下さい。そうでないと他にも問題が発生してしまいます。宮崎市で空き家が多くなる事には、様々な問題が引き起こされます。まず、長年人が住んでいないと、家の周りの草木が手入れされなくなります。その結果、草木が伸び放題になり荒れ果ててしまうことで、シロアリなどの害虫が増殖したり、野良猫、カラスなどの害鳥が住み着いてしまったりします。空き家の問題として特に注意していきたいのが、家の手入れをする人がいないので、次第に家自体が老朽化していくことが挙げられます。家の耐久性が弱くなるので、地震や台風、冬の積雪などで倒壊する危険性が高まってしまうのです。こういったトラブルがあるために、空き家を放置することは隣近所の方に色々な迷惑をかけることになります。だからこそ出来る限り早く業者に解体工事を依頼する必要があるのです。解体工事110番では、24時間の体制でお電話でのお問い合わせをお待ちしております。サイト内には対応可能な業務も掲載しているため、解体工事を検討されている方は一度お問い合わせください。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!