解体工事110番 トップページ > 香川県の解体工事サービス

香川県対応の弊社加盟店のご紹介

アットハンド株式会社
工事ではどうしても騒音や粉塵が発生してしまい、近隣の住民にとっては大きなストレスとなることもあります。しかし、丁寧にしっかりと養生をしたり、散水することによってホコリやチリの飛散を最小限に抑えることもできます。そうした周囲への細かい配慮を怠らないのが、アットハンド株式会社の特徴です。こちらの会社は、香川県を対象エリアに建物の解体工事を行っています。大小様々な規模の解体工事を経験し、数多くの実績を残している頼もしい会社です。依頼主だけでなく、工事現場の周辺で暮らす方々のことを考えて、ストレスを少しでも軽減させ気持よく生活できるように、丁寧な作業で工事を進めることに努めています。工事前には、礼儀正しい作業員が近隣の住宅へと挨拶に回りますし、工事中の周囲への安全管理は徹底しているので、依頼主も安心して工事が終わるのを待つことができます。
株式会社岡島興業
解体工事を依頼するのは、人生で何回も経験するものではないですが、信頼がおける誠実な業者に出会うことによって質の高いサービスを体験することができるでしょう。株式会社岡島興業は香川県にて解体工事を行っている業者の一つです。解体工事には安全への配慮だけでなく、周辺住民、環境への気配りが大切と言われることが多いです。こちらの会社は周辺住民、環境への配慮を徹底しているのが特徴です。工事中の音や粉塵を抑えるための養生はもちろんですが、作業後の掃除や片付けをきちんと行ってくれるので、工事現場が必要以上に汚く荒れることがありません。また、機敏な行動力、スピーディーかつ丁寧に行われる作業も魅力的です。事前調査を行うことによって、解体の対象となる建物の構造や建材をしっかりと把握して、計画的にかつ安全に解体作業を進めていくので無駄がなくて安心です。
千の風香川
千の風香川は香川県にて解体工事を行っている業者の一つです。店舗や家屋の内装解体から、建造物の解体工事まで様々な規模の工事を請け負ってくれる頼もしい存在です。知識と高い技術がありますので、木造だけでなく鉄骨RCの建造物問わず対応できる柔軟性も持ちあわせています。解体工事というと、建造物を壊すための工事ですのであまり費用をかけたくないと思う方が多いでしょう。しかし、安易に低価格というだけで業者を選んでしまうと、工事中の騒音・粉塵などの近隣住民への配慮や安全管理を怠っている場合もあります。こちらの業者は、騒音・粉塵を極力出さないよう努力し安全管理も徹底したうえで適正な工事費用を提示してくれます。また、解体の対象となる建造物の大きさ、質によって費用が異なりますので、事前に現場調査を行った後の見積もりでも詳しい説明をしてくれるので安心です。
濱田創建株式会社
濱田創建株式会社は一件一件の案件に丁寧に対応をしながら、工事中も近隣への配慮や安全確認を怠らず、腕のいいチームで作業します。お客様のペースを守るため、しつこい営業も一切行っていません。解体だけでなく足場工事や草刈りも自社の正社員が施工いたしますので、コストを削減し、お客様が納得のいく工事を日々目指しているのです。
お客様のご面倒なこと、大変なことをご相談していただければ、しっかりと教育されたスタッフがお客様のお手伝いに上がります。お客様に最高のサービスを提供できるよう日々努力していますので、香川県における解体工事で頼りになる存在なのです。
について

香川県の空家率は?解体工事の重要性について

近年問題になってきているのが空き家問題です。国土交通省の調べでも、空き家所有者の約7割は何もせず放置していることがわかっています。そんな中でも香川県の空き家率は17.19%で、全国と比べると多い方となっています。では、空き家を放置しておくとどのような問題が出るのでしょうか。まず1つ目は、建物の老朽化です。人が住まわない建物は老朽化が早く進むと言われています。2つ目は、雑草などによる景観の悪化が挙げられます。三つ目は防犯上の不安です。不審者の侵入や粗大ごみの不法投棄などの可能性があります。四つ目は地震などの災害が起きた際、建物が倒壊し避難経路を塞いでしまうというような防災上の不安です。このように空き家は放置することで様々な問題を生みます。そのため今後利用する予定がないのであれば、解体工事を検討していくことが重要です。建物や庭の管理を定期的に行うことはとても大変であり、管理を怠ると苦情がくる場合があります。しかし、解体工事をすることでこのような空き家の管理から解放されます。また、空き家を積極的に解体する方は少数派のため、自治体によっては空き家対策のため補助金を出していることがあります。解体工事の費用は100万前後ですが、その半額を負担する制度もあります。しかし解体することでデメリットもあります。それは税金に関するものです。不動産を所有している場合、固定資産税と都市計画税が掛かります。空き家を含めて住宅用家屋が建っていれば、土地に係る固定資産税が最大6分の一、都市計画税が最大3分の一に軽減されています。しかし、解体することでこの制度が適用されなくなり、税金が上がってしまいます。ただし、倒壊の危険性がある「特定空き家」に指定された場合はこの制度は適用されません。このことから、空き家は利用する目処が経っていなければ、解体を行うことが多くのメリットがあることが挙げられます。解体工事110番ではどんな時間帯であっても電話受付を行えるため、思い立ったその際には、ご相談だけでもお問い合わせください。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!