解体工事110番 トップページ > 北海道の解体工事サービス

北海道対応の弊社加盟店のご紹介

RKサービス
RKサービスは、北海道エリアで、解体工事をはじめ住宅に関する様々な工事を行っている会社です。どんな建物にも耐用年数というものがあります。一概には言えませんが、木造で約20年、鉄骨造などでは約50年とも言われています。これは建物の限界年数を表すものではなく、補修を行った方がいいという目安になる年数です。昔から何百年も建っている建物がありますが、これはその時々に、適切な補修の手が加わった結果と言えます。しかし、中には誰も住むことのなくなった建物を所有している人も少なくありません。誰かが住み続けていくのであれば然るべき補修もされるはずですが、誰も住まない場合はそのまま放置される可能性もあります。解体にも費用がかかりますので、耐用年数を迎えてもそのまま放置されることも珍しくないのです。しかし、北海道は雪が多い地域、劣化が進んだ建物が雪の重みに耐えられず、突如崩れ誰かに被害を及ぼす危険もあります。誰も住まなくなった家は早急に解体するようにしましょう。RKサービスならそんな解体工事を年中無休で対応してくれます。
スーパーマン金太郎
スーパーマン金太郎は、北海道において解体工事及び住宅に関連した工事など、幅広い分野で活躍している会社です。解体工事はただ壊すだけの工事というイメージがありますが、そうではありません。新築に比べ建物が不安定になるので、新築同等以上に計画を綿密に練り、順序よく解体していかないと、建物が一気に崩落して工事作業者はもちろん、付近を通行する人や隣地の人に危険が生じることがあるからです。ですから、解体工事には豊富な実績があるかどうかが、会社選びには大きな決め手になります。解体の際には、壊した物が飛散したり、粉塵や騒音が漏れ出さないように、解体建物周囲に必ず養生をします。敷地境界部分にフェンスなど設けることも大切です。過去にはこの養生やフェンスが風などで転倒して大きな事故に繋がったケースもありますので、解体工事では特に注意が必要です。
ファミリー旭川店
ファミリー旭川店は、北海道エリアで活躍中の会社。解体工事はもちろん、様々な住宅関連のお客さまのお悩みを解決するために奮闘しています。安心・親切・格安がモットーです。近年、解体工事に伴う痛ましい事故が全国的に多々起きています。解体工事は、壊すという作業が主で、新築に比べ従事する作業員の数も少ないことから、安全面での見落としが出てしまい、それが事故に繋がっているのです。外壁の倒壊、足場の倒壊、ガス漏れなど・・・実は、解体工事は新築工事よりも非常に危険な事故の可能性が潜んでいます。ですから、解体工事では、費用面だけでなく、今までどれだけ解体工事を行ってきたかなどの実績も重要視しなければならないのです。その点、ファミリー旭川店は、小さな建物の工事をはじめ中・大規模建物の解体工事の実績が多い会社ですので安心出来ます。
について

北海道の空家率は?解体工事の重要性について

近年高齢化が進み問題となっているのは空き家の問題です。北海道は空き家の数が全国的にも少し多い方で、全体の14%が空き家となっている状態です。総務省の調べでも2013年の段階で全国的な空き家の数が820万戸まで上り、およそ7軒に1軒空き家の状態となっています。この原因は人口が減少傾向になることや、若者の都市部への進出が原因とされています。一度都市部へ移ると、そこからなかなか地元へ戻って再度就職するということが厳しい世の中であることも原因の一つと言われています。空き家が増えている原因とはこのような社会的な問題も大きく関わっています。 このように増加する空き家の数を減らすために、地方自治体でも様々な取り組みをしています。しかし、空き家のままにしていることが良くないのはなぜでしょうか?現在固定資産税は住宅不足に困っていた時代の名残りで家が立ったままの状態の方が税金がかからない仕組みになっています。そのため、「解体工事を行って土地をまっさらな状態にするよりも、そのままにしておいた方がお金がかからず得」だとか、「いつか誰かが暮らすかもしれないので、そのままにしておいた方が良さそう」というような意識が広がり、空き家を放置している方も多いようです。しかし、空き家を管理せずそのままにしていると近隣に大変な悪影響を及ぼす恐れがあります。その影響の一つが衛生環境の悪化です。庭の木や雑草が伸び放題になったり、腐ったゴミがそのままになっていることで悪臭の発生や害虫の温床となります。不法侵入や放火などの治安の悪化や建物の劣化などの原因ともなりますので、空き家にしておくのは賢明な判断とは言えません。空き家の管理が出来ないとなるとやはり解体工事という手段を取ることが有効となります。近年では空き家問題を懸念する地方自治体が、解体工事に助成金を出すという制度を作ったため、解体工事にお金が掛かり過ぎて、なかなか解体することが出来ないという人も思い切って解体工事に踏み切ることが出来るようになりました。空き家を管理出来ず困っているという方は解体工事も切り札の一つとして考えてみても良いでしょう。

解体工事110番の北海道地域における対応エリアについて

  • 札幌市
  • 函館市
  • 小樽市
  • 旭川市
  • 室蘭市
  • 釧路市
  • 帯広市
  • 北見市
  • 夕張市
  • 岩見沢市
  • 網走市
  • 留萌市
  • 苫小牧市
  • 稚内市
  • 美唄市
  • 芦別市
  • 江別市
  • 赤平市
  • 紋別市
  • 士別市
  • 名寄市
  • 三笠市
  • 根室市
  • 千歳市
  • 滝川市
  • 砂川市
  • 歌志内市
  • 深川市
  • 富良野市
  • 登別市
  • 恵庭市
  • 伊達市
  • 北広島市
  • 石狩市
  • 北斗市

北海道エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2016/4/9
    エリア
    北海道小樽市
    参考金額
    1,262,085円

    建物を取り壊して更地にしたいというご依頼がありました。壊したい建物は中2階建てのもので、プレハブの車庫も取り壊してほしいということでした。建物の広さは86平方メートルとのこと。この条件で解体工事の無料見積りをしてほしいということでした。見積りの予定日については曜日が指定されていて、金曜日の夕方、もしくは土日にしてほしいとの事でした。また解体工事の着工日についてもご希望がありました。

  • 受付日
    2015/8/26
    エリア
    北海道函館市
    参考金額
    1,300,000円

    解体工事の見積りを希望したいとの内容でお客様からお問い合わせをいただきました。お客様は木造2階建ての戸建住宅の解体見積りを希望されていました。着工日や解体時期についてお聞きしたところ、まだはっきりと決められていないとのことでした。また、工事の見積りが終了次第、連絡してほしいとのご希望をお伝えいただきました。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!