福島県対応の弊社加盟店のご紹介

M’s
M’sは、福島県で解体工事に尽力している会社です。解体工事は様々な理由のために、建物の取り壊しをする工事のことを言います。理由は色々ありますが、例えば建物の建て替えです。新しい建物を建てようと思った時に、土地に建物がある状態では建てられないですよね。そのために解体工事をするというものです。解体工事と聞くと、何だかすごくスケールが大きいものをイメージする方もいらっしゃるのではないでしょうか。ビルやお店の建物の取り壊しが思い浮かびやすいかもしれません。しかしそれほど大きくない、例えば物置のような建物でも解体工事が必要なことはあります。解体工事は大きな建物の時ばかりに行われるものではないのです。どんな建物でも業者に解体工事を依頼することで、スムーズに行えるのではないでしょうか。M’sは福島県の解体工事で頼れる存在です。
ライフサポートTAKADA
福島県で、数々の解体工事経験がある会社がライフサポートTAKADAです。家の建て替えを行う時や、建物がある土地を売りたい時など、解体工事は様々な場面で必要となってきます。解体工事というのは建物を取り壊す工事のことです。時に危険が伴う作業ですから、充分に注意しながら行う必要があります。例えば解体工事を行う周りへの配慮も大切です。周りに人がいる時に物が落下してしまったりしては、大きな怪我やトラブルにつながってしまうことも考えられます。このような事態になることを避けるためには、業者にきちんと解体工事を依頼することです。業者は迅速に作業を行いながらも、周りへの配慮をしっかりとします。作業も慎重に行いますから、依頼した方も近隣の方も安心できるのではないでしょうか。ライフサポートTAKADAは丁寧な作業も特徴の会社です。
株式会社生田目産業
解体工事に関することでお悩みの時、福島県で助けとなってくれる会社が株式会社生田目産業です。解体工事は建物を取り壊す工事ですが、取り壊すだけと考えて簡単な作業と思われている方もいらっしゃるかもしれません。実は解体工事は、知識と経験が必要な難しい作業なのです。解体工事に必要な知識は本当にたくさんあります。取り壊す作業と言っても、建物の知識がないことには適切に行うことができません。建物の構造などから、解体工事の最適な手順などを判断する必要があるためです。建物の知識だけで全てを行うことはできません。取り扱う機械についても正しい知識を持っている必要があります。間違った知識で作業してしまった場合、怪我をしてしまうなんてことにもなりかねません。解体工事は業者に依頼することで、経験や知識を活かした作業を行ってくれるでしょう。株式会社生田目産業は高い技術力も有していますから、ご安心いただけるのではないでしょうか。
について

福島県の空家率は?解体工事の重要性について

福島県の人口増加率は、震災から少し時間が経過したため、下げ幅は少なくなっていますが、平成25年で-0.79%で42位、平成26年-0.55%で25位となっており、人口減少が進んでいる都道府県の一つです。人口減少で、問題になるのが空き家の増加です。福島県の場合は震災復興により、空き家率は全国平均13.5%に比べると、低めの11.73%となっていますが、老朽化の進んだ家屋や一人暮らし、核家族に不向きな住宅は、空き家となってしまう傾向があります。福島県内の各自治体などでは、空き家対策として、条例を制定して危険な空き家については解体工事を行うように、持ち主に勧告、命令を行ったり、自治体が代わりに執行することができる仕組みが整っています。また空き家バンク制度に登録すれば、移住したい方をインターネットで募集することが可能です。しかし、それでもなかなか空き家は減少しないのが実態です。空き家が増える理由は、解体すると住宅地ではなくなってしまいうことから、固定資産税における住宅地の特例が受けられなくなってしまうことにあります。また、いつか誰か住むかも知れないからもったいないという心理も原因の1つです。しかし、空き家を放置しておくことは、様々なリスクもあります。庭の手入れが行われなければ衛生上の問題も生じます。悪臭を放ったり、害虫が発生することも考えられるだけでなく、放火や盗難、自然災害による倒壊のリスクも考えなければなりません。場合によっては、金銭面で支出が出ることも考えられます。例えば、台風や吹雪などで空き家に放置していた物が飛び、第三者へケガを負わせてしまう場合が考えられます。これは、民法上の不法行為の1つに該当し、損害賠償請求の対象となります。また、シロアリが発生し、隣人の家屋に広がってしまった場合も、賠償問題となるため、持ち主は気をつけていかなくてはなりません。こうした支出が起こり得ることは十分に考慮する必要があるため、管理できない空き家はしっかり解体工事を行うようにしましょう。解体工事を行う場合は、業者選びを行うことが先決です。お選びの際は、料金、サービス面、迅速な対応などお客様によって、視点は異なることでしょう。解体工事110番では、あらゆる面でお客様に納得いただけるよう努めております。一つの例を挙げると、解体工事の際には騒音が起こりますから、近隣の方に挨拶回りを行うことを前提として作業を行っています。電話でのお問い合わせは24時間365日可能となっているため、お気軽にご連絡ください。

解体工事110番の福島県地域における対応エリアについて

  • 福島市
  • 会津若松市
  • 郡山市
  • いわき市
  • 白河市
  • 須賀川市
  • 喜多方市
  • 相馬市
  • 二本松市
  • 田村市
  • 南相馬市
  • 本宮市

福島県エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2016/1/5
    エリア
    福島県いわき市
    参考金額
    1,150,000円

    最短対応可能日に訪問し、解体工事の無料見積りを作ってほしいというご相談をいただきました。こちらのお客様は、木造平屋が建っている土地があるので、平屋を取り壊して更地にしたいというご要望でした。おおよその解体時期の目安もお教えいただきました。

  • 受付日
    2015/5/24
    エリア
    福島県会津若松市
    参考金額
    620,000円

    持ち家の解体工事をしてほしいというお客様からのご依頼を承りました。持ち家は木造2階建ての戸建住宅で、1階が25坪くらいで延床33.5坪はあるとのことでした。解体工事は冬までには行ってほしいとのご希望もいただきました。お見積りも電話で相談して日程を決めたいとのご要望でした。

  • 受付日
    2016/2/21
    エリア
    福島県郡山市
    参考金額
    370,370円

    倉庫の解体を希望される方からのご相談でした。建物は鉄骨、着工日は指定月に入ってからで、解体時期は相談したいとのことでした。また見積りの希望日は相談したいとおっしゃっていました。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-701-051

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-701-051

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0120-701-051
  • 解体工事110番とは
  • 無料メール相談窓口へ