解体工事110番 トップページ > 福島市の解体工事サービス

福島市対応の弊社加盟店のご紹介

ハイエストヒロ株式会社
ハイエストヒロ株式会社は福島の解体工事で活躍している会社です。解体工事を行うと、重機が現場に入り、トラックやダンプカーが行き来するので、騒音や土ぼこりなどが発生します。ご近所の方に迷惑をかけてしまわないか、不安に思う人もいるかもしれません。そんなときは、解体工事を行う業者に相談するようにしましょう。業者では、解体工事に先立って行う現地調査で解体する建物の周辺の状況を調べた上で解体工事を行なってもらえます。また、解体工事をするときにはご近所の方に挨拶をし、建物を養生することで解体中に出る土ぼこりからご近所の方のお家を守ってもらうことができます。このように、解体工事を行う業者ではご近所の方にしっかりと配慮をしてもらえます。ハイエストヒロ株式会社では安全に解体工事を行えるように日々精進しています。
株式会社HIKARI
株式会社HIKARIは福島で解体工事に力を入れて取り組んでいる会社です。解体工事は建物を取り壊す作業です。スーパーなどのお店を取り壊している現場を見たことがある人も多いのではないでしょうか。解体工事では、主に重機が活躍しています。建物全体を取り壊す場合は、パワーショベルのような大型の重機が現場に入って解体工事を行います。パワーショベルのアームに取り付けられたバケットでどんどん建物を壊すことが可能です。取り壊した建物の建材はバケットですくってトラックやダンプカーの荷台に載せることができます。一方、内装だけを取り壊す解体工事の場合はハンマーやドリルなどの工具を用いて人の手作業で行われていることが多いようです。解体工事を行うときは業者に依頼しましょう。株式会社HIKARIは日々頑張って解体工事を行なっています。
について

福島市の空家数は?解体工事の重要性について

現在全国には約800万件の空き家があり、福島市にも17,520件の空き家があります。その中には募集中の新築分譲住宅やアパート・マンションも含まれているので、全てが老朽化して倒壊の危険を伴う空き家という訳ではありません。しかし、高齢化や人口減少が全国比以上に進む福島市では、郊外や中心繁華街を中心に老朽化した空き家が増加しています。どうして増えているのかといえば、土地にかかる固定資産税は土地に建物があるのなら、たとえそれが空き地であっても6分の1に軽減するという特例措置があるからです。このことが空き家を増加させる要因のひとつになっているため、空き家対策の特別措置法によって、福島市などの自治体が、空き家に倒壊の恐れがあり、周辺に著しい問題をもたらしていると判断した場合には固定資産税の軽減を適用外としています。つまり建物を残しておいても軽減の対象にならないのです。倒壊以外にも、空き家を管理していなければ様々な危険を周辺にもたらすので注意です。長期間空き家の窓を閉め切っていることにより、湿気の多い部屋の中はカビやダニ、ノミが大発生します。掃除もしないので尚のこと増えてしまうのです。空き家内で繁殖し、増えた害虫が周辺の住宅に移って地域の住民に迷惑を与える可能性もあります。また管理をしなかったために大きなスズメバチの巣を作られた際には、周辺住民が刺される危険性が発生します。また人がいないため、放火犯の狙いやすい建築物になり、不審者が隠れ家にしてしまうこともあるのです。空き家が倒壊することも危険ですが、空き家があることによって発生するトラブルも危険なものばかりです。もし危険な住宅に指定されると固定資産税も上がり、周辺に多大な迷惑を与えるので、解体工事を行う必要性は充分にあります。もう利用するつもりがない空き家を持っている人がいるのなら、先述した問題が発生する前に更地にした方が良いです。問題が起きてからでは遅いので、早めに判断を下す必要があります。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!