秋田県対応の弊社加盟店のご紹介

エコシステム
核家族化、少子高齢化が進むにつれて、必要のなくなった土地を売却する人が少しずつ増えてきました。場合によってはこの時、その土地の物件を解体して更地にしてから売却するか、そのまま物件も含めて売却するか、悩むところでもあります。エコシステムは、解体工事初心者の私たちの悩みに真摯に応えてくれます。仮に解体工事が決まったとして、実際に工事に移る前にも様々な準備があります。まず解体工事にも、家の片づけが必要になります。家具などを片付けたら、その後ライフラインの停止もしなければなりません。これらの準備は基本的に施主様が行わなければなりません。それぞれは難しい作業ではないですが、慣れないことだけに準備に漏れがあったり、工事ギリギリまで時間をかけてしまう恐れもあります。エコシステムは、そんな施主様の不安をよく理解し、サポートしてくれることでしょう。
有限会社トシ設備工業
解体工事をお考えでしたら、その見積もりをしっかり確認することを強く勧めます。解体工事は人生を通して滅多に行わない工事。しかし決してその金額は安くありません。失敗しないためにも、まずは見積もりからしっかり考えていきましょう。まず初めに、見積もりをする際は複数の会社に見積書を出してもらい、それらを比較していくのが良いでしょう。まず私たちは、解体工事の相場がわかりません。複数の見積書からその平均値を出していくことで、大まかな相場を推し量ることができます。また、単純に見積金額が最も安い会社を選べばよいといことにもなりません。安いものには理由があります。無理に人員を削っていたり、周辺への影響を無視したり、無理にスケジュールを縮めたりと、いわゆる手抜き工事がされる恐れもあります。有限会社トシ設備工業は、工事の見積もりから気軽に相談に乗ってくれます。初めての解体工事で不安があれば、彼らが力になってくれることでしょう。
有限会社山田工業
解体工事は、自分だけの力で解決することのできない工事です。そのため、解体工事をする際は必然的に業者に依頼をすることになります。とはいえ、どこの解体業者に頼めばいいかわからず、近所の解体業者や、安そうな解体業者に機械的に依頼してしまう傾向にあるのではないでしょうか?何も考えずに業者を選んでしまうと、それがトラブルの元になってしまうかもしれません。その対策の一つとして、よく解体業者と話し合いましょう。不明点があれば細かいことでも尋ね、見積もりの際も「どうしてその金額になるか」をきちんと説明してもらうことが大切です。ここで親身になってくれない業者は、残念ながらお勧めできません。その点有限会社山田工業は、あなたのお悩みにきちんと応えてくれることでしょう。完全な受け身にならず、自分からも能動的に働きかけることで、解体工事も成功へ一歩近づくのです。
について

秋田県の空家率は?解体工事の重要性について

総務省統計局の調査によると、平成26年時点の都道府県別人口増減率で、秋田県は1.26%の人口減少でした。全国で最も人口減少の進んでいる都道府県が秋田県なのです。前年の減少率と比べても人口減少は加速しています。県内では大学進学や就職を機に首都圏などの他県へ転居する若者が多く、総人口に占める65歳以上の高齢者率32.6%も全国1位です。親が高齢になっても家を継ぐべき子世代や孫世代が都会に離れて暮らしているケースが多く、親が亡くなれば家の多くは空き家となって残されます。近年は全国でも空き家の増加が大きな社会問題となっていますが、それは秋田県でも例外ではありません。総務省の住宅・土地統計調査によると、秋田県の住宅に占める空き家率は約13%となっています。全国的に見るとこの数字は特に高いというわけではありません。全国平均の約14%も下回っていますが、東北地方では空き家率が唯一上昇しています。空き家を放置しておくと、さまざまな面で周辺住宅に悪影響が及びます。景観の悪化や火災の危険性に加えて、不法投棄や不法侵入など防犯上の問題、害虫の発生や害獣の定着など衛生面の問題が懸念されるのです。木造家屋ほど早く傷みやすく、建築物の倒壊や落下物の恐れも出てくるため、道路に接している建物の場合は通行人も危険にさらされます。空き家が放置される理由としては、解体工事に高額の費用がかかるという点の他に、固定資産税の問題点が指摘されてきました。解体して更地にするより空き家のまま放置していた方が、固定資産税が約6分の1で済むという法律上の問題点です。倒壊その他の危険が高く1年以上居住実績のない空き家を、現在では特定空き家と指定できるようになりました。特定空き家に指定されると税制上の優遇措置はなくなり、自治体の判断によっては強制撤去の可能性も出てきます。賃貸物件として有効活用されるのでない限り、空き家は周辺住民の迷惑にならないよう解体されるのが望ましいのです。その際には建設業の許可または解体工事業の届出をしている施工業者に依頼する必要があります。「解体工事110番」に依頼すれば、安心して解体を任せることができます。料金体系などのサービス内容の詳細については「解体工事110番」のサイトに掲載されていますので、解体工事を探す際の参考にされてみてはいかがでしょうか。

解体工事110番の秋田県地域における対応エリアについて

  • 秋田市
  • 能代市
  • 横手市
  • 大館市
  • 男鹿市
  • 湯沢市
  • 鹿角市
  • 由利本荘市
  • 潟上市
  • 大仙市
  • 北秋田市
  • にかほ市
  • 仙北市

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-701-051

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-701-051

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0120-701-051
  • 解体工事110番とは
  • 無料メール相談窓口へ