最新情報・レポート

解体工事に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。
解体工事に関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。よろしくお願いします。

空き家解体のメリットとは?

空き家の管理にお困りの方は、意外に多いと思います。平成26年に制定された「空家等対策特別措置法」において特定空家に指定されると、改善の勧告を受けるだけでなく、罰金をとられる可能性もあるので、空き家を放置するわけにはいかなくなりました。
このため、管理に手間がかかる、特定空家に指定されたときなど、空き家解体を検討される方がいるのです。
空き家解体というと、大掛かりな工事のイメージがあるかと思います。それでも、空き家工事をするメリットは、一体何なのでしょうか。
今回は、空き家解体のメリットを見ていきましょう。


空き家

拡大する空き家問題

空き家がご近所にあるという方も多いと思います。人の気配のない物件や、雑草で生い茂っていて長期間放置されている空き家など、様々ですよね。
空き家を放置すると、倒壊や街の景観悪化など、家だけでなく近隣にも迷惑がかかってしまうことがあります。
平成26年に成立した「空家等対策特別措置法」は、適切に管理されていない空き家への助言や指導を行えるように定めたものです。1年間を通して人の出入りがない、水道・電気・ガスの利用状況から総合的に判断し、空き家かどうか判断します。
空き家のなかでも、倒壊しそうなもの、雑草が道路にまで侵入しているなど、上に挙げたような問題が発生すると、市町村から指導や命令が下されます。 空き家によって引き起こされる近隣トラブルなどを避けるためにも、空き家に関する法律が定められているのですね。この法律以外にも、空き家の発生を抑制するための特例措置が定められたりなどしていることからも、それだけ空き家に関する監視の目が厳しくなったとも考えられます。
このような現状はあるので、空き家を管理できない場合の対処として、解体するという方法を選ぶこともあるようです。


空き家解体をするメリット

空き家を解体する目的を、上で述べました。では、空き家を解体することでどのようなメリットがあるのでしょうか。
メリットは大きく2つあります。

1.空き家管理をしなくて良くなる

大きいメリットはこれです。空き家をお持ちの方は、特定空家に認定されないように、定期的なメンテナンスが必要になります。近所トラブルに発展しかねない空家問題。回避するには、放置するわけにはいきません。特定空家に指定されると、最悪の場合、罰金をとられることもあります。そうした心配は、解体することできれいさっぱり解決します。
空き家の解体をすることで、さらなるトラブルを防ぐことができるとも言えますね。空き家を適切に管理する、つまり定期的に手入れをするなどして特定空家に指定されなければ良いのですが、そうはいかないこともあるようです。時間がとれない、空き家が自宅から遠い場所にある…など、原因は様々ですが、どうしても空き家の管理が難しい場合の対処にもなります。
また、特定空家に指定されたときに、すでに大規模な修繕工事が必要な状態にあったり、住む予定が全くないというときは、解体するのも良いでしょう。
地域によっては、解体費用の補助金がおりることもあるようです。助成を受けるには、各自治体が定めている条件を満たす必要があります。申請者に市税の滞納がないこと、市内の解体業者に依頼することなど条件はまちまちなので、解体を考えたらまずは市町村に確認してみることをオススメします。

2.高く早く売ることができる

空き家を売ろうと検討している方は、解体したほうのメリットが大きいことがあります。建物が残っているより、更地の方が早く・高く売ることができるからです。空き家が残っている土地は、買い手側が解体費用を負担しなくてはいけません。空き家が建っている敷地は、手間が増えてしまう理由から、売れるまでに時間がかかり、価格も高くは設定できないことが多いようです。土地を早く売ってしまいたい、できるだけ高く売りたいというときは、空き家解体をするメリットを得られそうです。買い手の希望に合わせて解体したり、更地の方が売りやすいなど、状況は様々ですが売るときには検討してみてもいいかもしれませんね。


空き家解体のデメリット

空き家を解体することで、デメリットも出てきます。 まずは、固定資産税に関わることです。不動産を所有している場合は、固定資産税と都市計画税という2つの税金がかかってきます。
空き家が建っている場合は、住宅用地の特例に基づき、減税の対象になります。しかし、空き家を解体すると、この対象外になるので税金がかかるようになります。
ここで注意しなくてはいけないのが、空き家が特定空家である場合です。特定空家に指定されると住宅用地の特例が適用されなくなったので、解体しても税金の面でのデメリットはないということになります。
特定空家に指定されたら、解体も一つの方法というのは、こういった理由もあるからなのですね。
いずれにしても、所有している空き家の状態を確認することが必要と言えそうです。解体後に維持費がかかることも考えて、今後どのように土地を使っていきたいかも考えなくてはいけません。

空き家解体を急いだ方がいいケース

解体
空き家を持っているが、メンテナンスをするのにかまってられないなど、放置しがちな方は解体などの対処を急いだほうがいいケースもあります。
なぜなら、放置することで様々な問題が出てしまうことがあるからです。
考えられる問題は、以下のようなものがあります。

・木造住宅の場合、湿気が溜まりやすく急速に劣化する
・雨漏りやシロアリ被害にあう可能性がある

空き家の劣化が、雨漏りやシロアリの被害を招くことがあり、さらに空き家の状態を複雑化させてしまいます。それだけではなく、倒壊の危険性も高くなってしまいます。万が一、倒壊した際に、第三者にケガを負わせてしまった場合、所有者が責任を負うことになってしまいます。所有者にとっても、このような悲しい結果にならないためにも、空き家の状態によっては解体を急いだ方が良いのです。まずは、信頼できる業者に見積もりを依頼し、相談してみるのも良いですね。


まとめ

空き家の解体には、メリットやデメリットがあります。
特定空家に認定されないことはもちろん、空き家の土地を少しでもいい条件で売れるようにするため、管理の手間をなくすためなど所有者にとってメリットがあります。
市町村からの助成がある場合は、上手く活用して解体を行いたいですね。
解体は、所有者である自分だけにするものではありません。空き家解体は、近隣の方の安全を守り、トラブルを回避するためにも役立ちます。ケガを負わせてしまうといった最悪の事態は避けなくてはいけません。
税金のことを考えると、解体にもデメリットはありますが、空き家の状態と、今後どうしたいかを考えて最適な選択をしたいですね。
空き家の放置は、時間が経つほど他のトラブルのもとになることがあります。困ったときは、まずは業者に相談してみるなどの対処が肝心です。

0120-932-621
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さんも募集中
スタッフ紹介
対応エリア

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-701-051

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-701-051

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0120-701-051
  • 解体工事110番とは
  • 無料メール相談窓口へ